この星の格闘技を追いかける

【RFC44】試合結果 完全なアウェイの地で下石康太が一本勝ち、メイン出場の藤田和之はTKO負け

Road FC44【写真】ライト級トーナメントで準決勝進出を果たした下石。その下石に吹っ切るきっかけを与えた藤田。完全アウェイの地で、下石を開き直させた藤田の行動と助言は、後日掲載の下石インタビューで(C)MMAOPLANET

11日(土・現地時間)、中国・河北(ホーベイ)省石家庄(シーチャーチュワン)のホーベイ体育館で開催されたRoad FC44。

急所出場となった2選手も加え、日本から7選手に大きなブーイングが浴びせ続けられた同大会における、日本勢の成績は2勝4敗1分だった。勝者はライト級T準々決勝で観客のサポートを背にしたバオ・インカンを腕十字で倒した下石康太と、ブラジルのアリーニ・サテルメイヤーをスプリット判定で下した藤野恵実の2人となった。計量から開会セレモニー、入場とイベントを盛り上げ続けた藤田和之は初回TKO負けに終わっている。


Road FC44
<無差別級/5分3R>
○アオルコロ(中国)1R
TKO
詳細はコチラ
×藤田和之(日本)
<ライト級T準々決勝/5分3R>
○シャミール・ザフロフ(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×アマチュシン・フーヘンフウ(モンゴル)
<ライト級T準々決勝/5分3R>
○下石康太(日本)2R4分49秒
腕十字
詳細はコチラ
×バオ・インカン(中国)
<ライト級T準々決勝/5分3R>
○ホニ・トーレス(ブラジル)1R4分17秒
腕十字
詳細はコチラ
×トム・サントス(ブラジル)
<ライト級T準々決勝/5分3R>
○マンスール・ベルナウイ(フランス)1R2分03秒
RNC
詳細はコチラ
×ムングントスズ・ナンディンエルデン(モンゴル)
<72キロ契約/5分3R>
○シャ・イーラン(中国)1R2分44秒
TKO
詳細はコチラ
×SHUNYA(日本)
<無差別級/5分2R>
○ウー・ラーハン(中国)1R2分44秒
TKO
×ワン・イーチャン(中国)
<無差別級/5分2R>
○マ・アンディン(中国)2R
判定
詳細はコチラ
×桑原清(日本)
<女子ストロー級/5分2R>
○藤野恵実(日本)2R
判定
詳細はコチラ
×アリーニ・サテルメイヤー(ブラジル)
<バンタム級/5分2R>
○ウー・ジェ(中国)
1R3分19秒
TKO
×ウー・シャオロン(中国)
<バンタム級/5分2R>
△根津優太(日本)2R
Draw
詳細はコチラ
△バーサンクフー・ダムランプレウ(モンゴル)
<ライト級/5分2R>
○ホアン・ツェンユー(中国)2R4分01秒
TKO
詳細はコチラ
×岩田啓輔(日本)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie