この星の格闘技を追いかける

【RFC44】ザフロフが盤石の試合運びでフーヘンフウを完封し、ライト級T準決勝に駒を進める

<ライト級T準々決勝/5分3R>
シャミール・ザフロフ(日本)
Def.3-0
アマチュシン・フーヘンフウ(モンゴル)

しっかりサークリングしながらザフロフはフーヘンフウの前足にローキックをまとめる。フーヘンフウがパンチで前に出ていこうとすると、ザフロフは前蹴りで距離を取る。フーヘンフウの蹴りに合わせてザフロフが右ストレートから左フックを返す。

距離が離れるとザフロフが右ミドルや足への前蹴り。フーヘンフウもバックスピンキックを狙うが当たらない。ザフロフは前蹴りのフェイントからダブルレッグで組みついてテイクダウンへ。フーヘンフウの頭をケージに押しつけて細かくパンチを落とす。

2R、じりじりと前に出るフーヘンフウがバックスピンキック。それに合わせて組みついたザフロフがテイクダウンを奪う。フーヘンフウは自分の首と両腕でザフロフの右腕を固定して、そこからアームバーを狙うが、ザフロフも反応・対処が早い。ザフロフはインサイドガードをキープしてパンチを落とし、ここでレフェリーがブレイクが命じる。

再開後、フーヘンフウがハイキックを飛ばし、ザフロフも顔面前蹴りを返す。フーヘンフウは右ストレート・左フックから前に出ようとするが、ザフロフはステップと蹴りを使って距離を詰めさせず。逆にフーヘンフウが打ち気になったところにダブルレッグを合わせてテイクダウンし、バックコントロールで2Rを終えた。

3R、大振りのパンチで前に出るフーヘンフウ。ザフロフはジャブと前蹴りで距離を取る。フーヘンフウに打撃のチャンスを与えず、逆に右ハイキックを蹴ったあとのダブルレッグでテイクダウンを奪う。ザフロフはトップキープに徹し、フーヘンフウは下からの仕掛けが通用せず、時間だけが過ぎていく。結局、ラウンドの中盤以降はザフロフがトップキープで時間を使い、ザフロフが盤石の試合運びで判定勝利した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie