この星の格闘技を追いかける

【RFC44】岩田啓輔、果敢にテイクダウンを仕掛けるもツェンユーの強打に沈む

<ライト級/5分2R>
ホアン・ツェンユー(中国)
Def.2R4分01秒 by TKO
岩田啓輔(日本)

お互いにサウスポーの両者。岩田がツェンユーの右フックを空振りさせてシングルレッグに入るが、ツェンユーは倒れない。距離が離れるとツェンユーはバックスピンキックを繰り出し、岩田は右フックを当てて首投げでテイクダウンへ。ここからスクランブルの攻防となり、岩田はツェンユーをリフトして投げ捨てるが、ツェンユーもトップポジションは許さず。その後も激しく動く展開が続き、最終的には岩田がサイドポジションで抑え込む。ここから岩田が腕十字に移行するが、腕を抜いて立ち上がったツェンユーが左ストレートを打ち込む。

これでバランスを崩す岩田だったがテイクダウンに成功し、再びサイドポジションからアームバー→腕十字へ。2度目のチャレンジだったが、ここもツェンユーに逃げられてしまう。スタンドに戻るとツェンユーが思い切りのよいヒザ蹴り。岩田もケージまでツェンユーを押し込んでテイクダウンしてバックをうかがうが、逆にツェンユーがケージ際の攻防でバックを奪い返し、最後はツェンユーがバックキープして初回を終えた。

2R、ツェンユーの右ジャブがストレート気味に当たり、岩田は尻餅をつく。岩田も必死にタックルでテイクダウンを仕掛け、一度は立ち上がられたものの、二度目のタックルでテイクダウンしてトップキープに成功する。ツェンユーはクローズドガードからフロントチョークを仕掛けるが、頭を抜いた岩田がパスガードを狙いつつ、立ち上がってパンチを振り落とす。

しかしここで生まれたスペースを使ってツェンユーが立ち上がり、逆にテイクダウンを奪い返す。岩田はツェンユーの身体を蹴り放して立ち上がるが、スタンドの打撃ではツェンユーのパンチがヒットし、岩田が前のめりに崩れ落ちる。最後はツェンユーがバックマウントからのパウンドでレフェリーストップを呼び込んだ。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie