この星の格闘技を追いかける

【RFC44】左フックが冴えた藤野恵実、ブラジルのサテルメイヤーから判定勝利

<女子ストロー級/5分2R>
藤野恵実(日本)
Def.2-1
アリーニ・サテルメイヤー(ブラジル)

ジャブを振って、右ストレートを顔面とボディに打ち分ける藤野。右ストレートから返しの左フックを当て、サテルメイヤーの蹴り足を取ってケージに押し込む。ブレイク後、右ストレート・左フックで前に出る藤野。サテルメイヤーも右フックを返すが、藤野がパンチで前に出てサテルメイヤーをケージに押し込む。

ここもブレイクとなり、試合はスタンドへ。藤野はパワフルな左フックで前に出ていき、サテルメイヤーもジャブを返して右ストレートをコンパクトに返す。パンチとローで前に出るサテルメイヤー、藤野が下がりながら左フックを返す展開となった。

2R、左フック、ワンツーで前に出る藤野。そのまま組みの攻防になると、藤野が首をコントロールしようとするが、サテルメイヤーが鋭いヒザ蹴りを突き刺す。パンチ&ローで前に出るサテルメイヤー。藤野はジャブ・左フックを当てるが、サテルメイヤーも下がらず打ち合って左フック・右ストレートを当てる。

藤野はサテルメイヤーの蹴り合いをキャッチしてケージへ押し込み、テイクダウンを狙うがサテルメイヤーを倒すことが出来ない。スタンドでの再開後、藤野はパンチと首相撲からのヒザ蹴り。最後も前に出るサテルメイヤー、下がって攻撃を返す藤野という展開で試合終了。左フックが冴えた藤野がサテルメイヤーに、はぜかスプリットに割れたがきっちりと判定勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie