この星の格闘技を追いかける

【RFC44】根津優太、ダムランプレウの突進ファイトに痛み分け

<バンタム級/5分2R>
根津優太(日本)
Draw.1-0
バーサンクフー・ダムランプレウ(モンゴル)

右ローと左ミドルを蹴る根津。ジャブのフェイントを見せながら右ローにつなげる。ダムランプレウはじりじりと前に出て右を振るい、根津のテイクダウンを切って、離れ際に左右のパンチを強振する。ダムランプレウがケージに押し込む形で、互いに四つ組みでパンチとヒザ蹴りを入れる。ここで根津がテイクダウンに成功してマウントポジションを奪うが、ダムランプレウも半身になりつつ、背中を見せながら立ち上がる。

再びケージ際で四つ組みの攻防になり、ここではダムランプレウがテイクダウンを奪う。根津はダムランプレウの身体を蹴って立ち上がり、距離を取りながら左フックと右ロー。ダムランプレウは根津を追いかけるようにワンツーを打ち込んでいく。

2R、いきなり右のパンチで飛び込むダムランプレウ。根津も距離を取って右ローを当て、ダムランプレウは構えをスイッチしながら左右のストレート、右ミドルを見せる。根津にプレッシャーをかけ続けるダムランプレウは組みつくと離れ際に左フック。下がる根津の顔面を左ストレートでのけぞらせ、根津にテイクダウンを仕掛け、バックコントロールも見せる。

離れて左ミドルを蹴る根津だったが、ダムランプレウは下がることなく、根津の蹴りに左右のストレートを伸ばす。残り1分を切ったところで根津が右ロー、そしてダブルレッグからテイクダウンを奪う。根津はダムランプレウをケージまで押し込んでパンチを落とし、バックポジションへ。ダムランプレウも身体をずらして根津を前方に落とし、パウンドからマウントポジションを取って試合終了を迎える。ダムランプレウの突進ファイトに苦しんだ根津はドローという結果に終わった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie