この星の格闘技を追いかける

【KSW40】試合結果 注目のライト級選手権試合はノンタイトル→NC→乱闘劇

KSW40【写真】ポーランドのKSWがアイルランドで、これだけの観客を集める。移民の多さも強みか(C)KSW

22日(日・現地時間)、アイルランドの首都ダブリンの3 ArenaでKSW40 「Dublin」が開催された。

メインはマリウス・プシャノウスキーが、ジェイムス・マックスウィーニーの代役ジェイ・シウバに判定勝ち。セミのライト級選手権試合は挑戦者ノーマン・パークが体重オーバーでノンタイトルとなり、その結果が王者マテウス・ガムロの2度のアイポークでノーコンテストに。パークのセコンドがガムロの顔面にフックを入れ、観客席でも乱闘が起こるなど荒れ模様になった。

ダブリン大会ではありながら、アイルランド勢よりも対戦相手のポーランド人選手に声援が集まった同大会、女子フライ級王座初防衛に成功したアリアネ・リプスキや、パウロ・チアゴを一発で沈めたマテラの強さが印象に残った。


KSW40 「Dublin」
<ヘビー級/5分3R>
○マリウス・プシャノウスキー(ポーランド)3R
判定
詳細はコチラ
×ジェイ・シウバ(ブラジル)
<ライト級/5分3R>
─マテウス・ガムロ(ポーランド)2R
NC
詳細はコチラ
─ノーマン・パーク(英国)
<ミドル級/5分3R>
○ミハウ・マテラ(ポーランド)2R0分50秒
TKO
詳細はコチラ
×パウロ・チアゴ(ブラジル)
<KSW女子フライ級選手権試合/5分5R>
○アリアネ・リプスキ(ブラジル)1R0分58秒
RNC
詳細はコチラ
×マリアナ・モライス(ブラジル)
<ウェルター級/5分3R>
○ダービッド・ザワダ(ドイツ)3R
判定
詳細はコチラ
×マチエ・イエフトゥシュコ(ポーランド)
<ライトヘビー級/5分3R>
○クリス・フィールズ(アイルランド)3R
判定
詳細はコチラ
×ミハウ・フィアウカ(ポーランド)
<フェザー級/5分3R>
○ポール・レッドモンド(アイルランド)3R
判定
詳細はコチラ
×ウーカス・レウツキ(ポーランド)
<ウェルター級/5分3R>
○ポール・ローレンス(アイルランド)3R
判定
詳細はコチラ
×コンラッド・イワノフスキー(ポーランド)
<バンタム級/5分3R>
○アントゥン・ラチッチ(クロアチア)3R
判定
詳細はコチラ
×パウウェル・ポリティオ(ポーランド)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie