この星の格闘技を追いかける

【KSW40】多彩なフロント系チョークを見せたフィールズがフィアウカを下し、アイルランド勢3連勝

<ライトヘビー級/5分3R>
クリス・フィールズ(アイルランド)
Def.2-0
ミハウ・フィアウカ(ポーランド)

右ローを蹴るフィールズに対し、フィアウカはフックを振って圧力を掛けてシングルレッグへ。スクランブルでバックに伺うフィールズがヒザを突き上げて、テイクダウンに成功する。ハーフ&枕で抑えアームロックを狙うフィールズは、フィアウカが起き上がろうとするとダースを仕掛けて抑え込みに戻る。エビを使ってスクランブルに持ち込もうとしたフィアウカのバックを伺うフィールズだが、胸を合わされる。

担ぎパスに立ち上がったフィールズのバックに回ったフィアウカだが、キムラクラッチから後方にロールされ、腕十字を狙われる。腕を抜きバックに回ったフィアウカは、正対され距離を取り直すとヒザを受けそうになりながら、右フックを入れる。ここで初回が終わった。

2R、左ハイ、右ミドルを蹴ったフィールズがダブルレッグでテイクダウンに成功する。足を捌き、後方回転から亀になったフィアウカをがぶったフィールズだが、シングルレッグでリバーサルを許す。キムラロックのフィールズはフィアウカのシングルに対し、ネルソンからダースチョークへ。腹ばいになって逃げようとするフィアウカを今度はワールドで絞めようとしたフィールズが上四方を取る。

正対しようとしたフィアウカをがぶり、立ち上がったところでヒザ蹴り、そしてハイエルボーギロチンとフロント系チョークを続けるフィールズ。絞めを嫌がり、背中をマットにつけたフィアウカにパンチを落とし、ハーフで抑えたフィールズが2Rを取った。

最終回、右に回るフィールズが左ハイ。フィアウカの左をまわって避けると、右ハイを蹴っていく。そして、フィアウカの右フックにダブルレッグを合わせていく。フィカウカはスプロールしてヒザを入れるも、バックを許しテイクダウンを取られる。リバーサル狙いから立ちがったフィアウカにヒザ、エルボーを打ち込んでフィールズは、離れて左ジャブを当てる。

フィアウカの右フックをケージにそって走るようにかわしたフィールズは、続くシングルレッグを切りきれず尻餅をつかされる。スクランブルでバックを許しつつ、またもキムラクラッチから後方に投げを狙ったフィールズだが、足のロックがなく腕を極めることはできない。フィアウカはまたもシングルに出るが、ここもフィールズがキムラで耐えて試合終了に。

ジャッジはフィールズの勝利を支持し、アイルランド勢がポーランド勢を三タテにした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie