この星の格闘技を追いかける

【KSW40】敗れたイエフトゥシュコ、信じられないタフネス振りを見せ勝者ザワダが疲労困憊

<ウェルター級/5分3R>
ダービッド・ザワダ(ドイツ)
Def.3-0
マチエ・イエフトゥシュコ(ポーランド)

サイドキックを見せたイエフトゥシュコにショートのパンチを連打して前に出るザワダ。左ミドルに右を入れ、直後に右ストレートを入れたザワダがダウンを奪い、パウンドでラッシュを掛ける。立ち上がったイエフトゥシュコをテイクダウンして、パンチを重ねたザワダだが、ここでもイエフトゥシュコがスタンドに戻る。

ワンツーからヒザ蹴りを入れたザワダが、自ら後方にバランスを崩す。トップを取ろうとしたイエフトゥシュコは、スクランブルでバックを許しパンチ、ヒザ蹴りをワキ腹に打たれる。顔面にヒザを被弾しながらも立ち上がったイエフトゥシュコは、またもワンツー、ヒザ蹴り、パンチのラッシュに晒される。それでもパンチを打ち返し、打ち疲れたザワダは、テイクダウンをイエフトゥシュコに許し初回が終わった。

信じられないタフネス売りを見せたイエフトゥシュコに対し、ザワダは左フックを入れる。さらに右を続け、ワンツーを打ちこむ。さらにパンチを入れ続けるザワダは、イエフトゥシュコが組んできたところで、これを潰してトップを取る。立ち上がったイエフトゥシュコ、ザワダは息を整え待ちの態勢に。

イエフトゥシュコがカウンター狙いからヒザ蹴り、パンチを被弾しても観客を煽る。理解不能のタフさを見せるイエフトゥシュコが左ミドルを蹴っていく。ザワダはここでパンチの連打で攻め込むも、イエフトゥシュコは左を返していく。しかし、直後に自らのヒザ蹴りでバランスを崩し後方に倒れたイエフトゥシュコのバックを制したザワダがパンチの連打、RNCを見せて2Rがタイムアップに。

最終回、驚いたことに動きが落ちていないイエフトゥシュコが飛びヒザを狙う。続いて軸足を変える二段蹴りを繰り出すイエフトゥシュコが左ミドル、左ハイで前に出る。ザワダは気が付けばケージを背負った状況に。ザワダもワンツーで前に出て、左を当てる。ワンツーを入れたザワダのラッシュにイエフトゥシュコが右を打ち返す。

残り1分、左ミドルを蹴っていくイエフトゥシュコはザワダのシングルにギロチンを狙う。頭を抜いたザワダにスピニングバックフィストを2度見せたイエフトゥシュコ、判定で勝ち目はないがとんでもない頑丈さを見せつけた。結果、疲労困憊のザワダが3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie