この星の格闘技を追いかける

【KSW40】パンチの精度で上回ったローレンスが、スプリットでイワノフスキーを下す

<ウェルター級/5分3R>
ポール・ローレンス(アイルランド)
Def.2-1
コンラッド・イワノフスキー(ポーランド)

ダブリン在住のポーランド人ファイター、イワノフスキーはいきなり左フックでダウンを喫する。スタンドで待ち受けるローレンスは、直後にダブルレッグでテイクダウンを許し、クローズドガードを取るという勿体ない展開に。とローレンスの三角絞め狙いを2度に渡るスラムで逃れたイワノフスキーだが、ここでローレンスがヒザ十字へ。そのまま足関スイープでトップを取ったローレンスがパウンドを打っていく。

ニーシールドを作り、スイープをイワノフスキーが狙い、スクランブルから両者がスタンドへ。ローレンスが左フックを入れ、イワノフスキーはシングルレッグ。テイクダウンに成功してバックに回るも、ローレンスが胸を合わせて立ち上がる。細かいパンチを入れて離れたイワノフスキーにワンツーを打ち込むローレンスは、シングルレッグで倒されサイドを許したところで初回が終了した。

2R、ローレンスが右フックを当て、イワノフスキーがアッパーを合わせようとする。さらにノーモーションで左をヒットさせたローレンスが続けて左を当てていく。イワノフスキーはテイクダウン狙いを察知される展開が続いたが、シングルレッグでドライブしテイクダウンを奪う。ローレンスのハイガードを担ぎバックに回ったイワノフスキー。ローレンスが胸を合わせて離れる。再びシングルを決めたイワノフスキーは、三角をスラムし担ぎパスから、今度はバックマウントを取りパンチを打ち込んだところで2Rがタイムアップとなった。

最終回、右フックを振り、右ジャブを当てるローレンス。イワノフスキーも右を返し、左ローがローレンスの急所に当たり試合が中断する。再開後、シングルでケージにローレンスを押し込んだイワノフスキーがアンクルピック、ハイクロッチもギロチンで捉えられる。体を捻ってエスケープしたイワノフスキーのバックを取ったローレンスがヒザを臀部に突き上げる。

離れた両者、ローレンスが左を当て、続いて左から右フックをヒットする。イワノフスキーはスーパーマンエルボー、もう一度同じ技を狙うとローレンスが右フックを合わせる。前に出てヒザを繰り出すイワノフスキーに、左、右と下がりながら入れたローレンス。最後に、ダブルレッグでテイクダウンしたイワノフスキーだが、初回と3Rは失ったか。

果たしてジャッジの裁定はスプリットでローレンスが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie