この星の格闘技を追いかける

【KSW40】ノンタイトルとなったリマッチは、ガムロのアイポークで騒然ノーコンテストに

<ライト級/5分3R>
マテウス・ガムロ(ポーランド)
NC
ノーマン・パーク(英国)

パークの体重オーバーで、珍しい挑戦者側のダイレクトリマッチはノンタイトル戦に。スイッチを織り交ぜて戦うガムロが右を当てる。左フックを返すパークがアッパーを被弾し、左フックを当てる。ガムロは飛び込んで右を伸ばし、右ジャブを繰り出す。ローを蹴り合い、パークが左ハイを狙う。直後にガムロの右ローがモロにパークの急所を捉え、試合が中断される。

再開後、いきなり右を振るいダーティー振りを見せたガムロが右ミドルを蹴り込む。パークは左を返し、組んでヒザを見舞っていく。と今度はパークが、アイポークがあったと抗議し、インターバルを要求する。右目の瞼の辺りが腫れているパークに、ガムロがワンツーを再開と同時に打っていく。左を返し、前に出るパーク。初回が終わった。

2R開始と同時にケージ中央まで駆け足で移動し、パンチを交換する両者。足を止めて、頭を出し気味の状態で殴り合い、パークが左を当てる。さらにショートの右アッパーからヒザ蹴りを繰り出すパークに、ガムロも左を当てる。ただし、打ち勝っているのはパーク。ガムロも右アッパーを当てる。右から左を伸ばすパークは、基本は左からの攻撃が多い。

パークの前進を迎え撃つ形のガムロ、中間距離でのパンチ合戦が続く。ガードを固めて、アッパーを当て、左をヒットさせたパークが前に出る。手を出すが、下がり気味のガムロ。ここでパークは、指が今度は左目に入ったとしゃがみ込む。

パークは試合続行が不可能に。両目が大きく腫れたパークがガムロのセコンドを突き飛ばすと、他のセコンドが顔面にパンチを打ち込む。さらに観客席でも乱闘騒ぎが見られるなど、混乱の極みに達した会場内にノーコテンストの裁定が告げられた。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie