この星の格闘技を追いかける

【ONE72】試合結果 V.V Mei、強さを見せたが王座奪取ならず。青木は復活の狼煙

ONE72【写真】1度目より、より強度が増した好勝負となったV.V Meiとアンジェラ・リーの激闘(C)ONE

18 日(金・現地時間)、シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムでONE72 「Unstoppable Dreams」が開催された。

メインで2年振りにアンジェラ・リーと対戦したV.V Meiは5Rの激闘の末、SNSでMei勝利と炎上騒ぎになるような接戦を落とし、ONE世界女子アトム級王座獲得とはならなかった。

Nguyenもう1階級行われた世界戦=ONE世界フェザー級選手権試合は、アンジェラの弟クリスチャン・リーがマーチン・ヌグエンに挑戦も、初回以外はテイクダウンを切られ続け、右を被弾するシーンも増えた判定負け、姉弟同時世界チャンピオンは実現しなかった。

Aokiまたラスル・ヤキャエフと対戦した青木真也は、腕ひしぎ腕固めの形でタップを奪い──同じ階級の選手とのMMAマッチでは、実に3年振りとなる勝利を手にしている。

ONE Super Series=打撃戦は、タイのムエタイ勢が強さを見せつけ、サムエー・ガイヤーンハーダオがセルジオ・ヴィールセンを寄せ付けず、新設されたONEムエタイ世界フライ級王座を見事なヒジ打ちKOで獲得している。なお、今回よりケージにおけるONE SSはMMAグローブ着用で試合が行われるようになった。


ONE72 「Unstoppable Dreams」
<ONE世界女子アトム級選手権試合(※52.2キロ)/5分5R>
○アンジェラ・リー(米国)5R
判定
詳細はコチラ
×V.V Mei(日本)
<ムエタイ世界フライ級王座決定戦/3分5R>
○サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)4R2分47秒
KO
×セルジオ・ヴィールセン(オランダ)
<ONE世界フェザー級選手権試合(※70.3キロ)/5分5R>
○マーチン・ヌグエン(豪州)3R
判定
詳細はコチラ
×クリスチャン・リー(米国)
<キックボクシング72.5 キロ/3分3R>
○ヨーセングライ・IWEフェアテックス(タイ)3R
判定
×クリス・ンギンビ(オランダ)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○青木真也(日本)1R3分15秒
三角絞め
詳細はコチラ
×ラスル・ヤキャエフ(ロシア)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)3R
判定
詳細はコチラ
×ハルン・アトランゲリエフ(ロシア)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○アミール・カーン(シンガポール)2R3分39秒
TKO
詳細はコチラ
×イ・ソンジョン(韓国)
<ムエタイ61.2キロ/3分3R>
○シントンノーイ・ポーティラックン(タイ)2R2分36秒
TKO
×ジョゼフ・ラシリ(イタリア)
<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
○シエ・チャオ(中国)3R1分10秒
TKO
詳細はコチラ
×メア・マー(カンボジア)
<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
○シエ・ビン(中国)2R2分26秒
TKO
詳細はコチラ
×ファン・シーハオ(シンガポール)
<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
○ツー・ノット(インドネシア)3R
判定
詳細はコチラ
×ロエル・ロサウロ(フィリピン)
PR
PR

関連記事

Movie