この星の格闘技を追いかける

【ONE72】反撃が遅かった。V.V Mei、最終回の猛攻撃もアンジェラ・リーが逃げ切り判定防衛

<ONE世界女子アトム級選手権試合(※52.2キロ)/5分5R>
アンジェラ・リー(米国)
Def.3-0
V.V Mei(日本)

ケージに入る前から涙を流したアンジェラ。アンジェラが右ロー、Vは右に回りながらワンツーをかわす。右を入れて回るVが、蹴りにテイクダウンを合わせる。アンジェラは切って右ミドル、Vが間合いを取り直す。アンジェラがローに続き、ワンツーを見せて組み付く。

ケージに押しこみヒザ蹴りとエルボーをアンジェラが見舞っていく。Vはワンツーを入れ、右を当てる。再び組んだアンジェラが左フック、ここでケージ際を離れたVが右を伸ばす。右アッパーを空振りしたVは、ローを蹴られる。Vが右を当て、スッと離れる。ローを蹴ったVがアンジェラの前蹴りをキャッチするが、逆にケージに押しこまれる。体を入れ替えたVはギロチンを防ぐ。クリンチ合戦でアンジェラがエルボーを打ち込んだ。

2R、右ストレートをヒットさせたVが右に回りつつ、右を再び振っていく。アンジェラは蹴り足を掴まれながらも左を差して組み、小外掛けてテイクダウンを奪う。得意のスイープを潰されたVはバタフライガードも背中をつかされ、クローズドを取り直す。細かいパンチを落とすアンジェラが上体を起こし、勢いのある右を振り落とす。

嫌な表情を見せ、頭を引き寄せるVだが、アンジェラのコーナーの前でパウンドを連続で受ける。Vのハイガードを押し潰し亀の態勢にさせたアンジェラが、背中から前方に下りつつ腕十字へ。左腕が伸びかけたVだが、立ち上がってヒジを抜く。と同時に右のパウンドを入れたVが、ガードの中にステイする。左のボディ、顔面にパンチを打ち込んだVは右の鉄槌、アンジェラは腕を取って固め凌ぎきった。

3R、前に踏み込んで右、そしてワンツーと狙うVはローを蹴られ、右ローを返す。アンジェラが前に出て右ミドル、離れるとVのパンチはブロックされるようになっている。Vは右を当てて、蹴り足をキャッチしつつテイクダウンへ。すぐに起き上がったアンジェラが逆にケージにVを押し込みワンツーを放つ。左ジャブを伸ばしたVが、右ボディ。さらに右オーバーハンドを当てる。

アンジェラは右を打ち返し、組んでヒザ蹴りから右腕を差してテイクダウンに成功する。バックに回ったアンジェラが後方への投げ、そして両足をフックする。ここも左ワキをすくって腕十字狙いのアンジェラが、右のパンチを入れて、鉄槌から左右のパンチを連打する。さらにRNCに移行しようとしたが、Vがセットアップは許さず耐えきった。

4R、左ローを蹴ったVに、アンジェラがミドルを蹴る。ワンツーを放ったVが、連続でワンツーを繰り出す。前に出るVが、右ロー。アンジェラが圧を強めて右ローを入れる。右から左フックを当てたアンジェラは、左エルボーを打ち込んでボディロック&ヒザを突き上げる。

右を差したVだが、アンジェラのウィザードが強い。ワンツー、左を当てたアンジェラが前蹴り、さらにローにつなげる。ダブルの右から右ハイを狙ったVが、右を当てて足を払ってテイクダウンする。スクランブルを潰しサイドに回ろうとしたVに対し、フルガードに戻したアンジェラがクローズドを取る。

アンジェラはハイガード、腰を切って腕十字へ。掛けられた足を越えて、左のパンチを落としたVが少しでもダメージを与えるように細かいパンチを落としたところで、4Rが終了した。

最終回、右オーバーハンド、蹴り足を掴み、リリース後に右ハイを当てたVが、ダブルレッグで一気にテイクダウンを奪う。Vはハーフでボディにパンチを落とし、右腕を差す。アンジェラのブリッジを潰し、パンチを入れるVは頭を抱えて来るアンジェラに引き続き拳を打ちつける。

エビからクローズドに戻したアンジェラが下から鉄槌、Vはパスしバックを伺う。ガードに戻ったアンジェラに左のパンチを落とすVは左の強いパウンドを落とす。アンジェラの腕十字を防いだVは、オモプラッタも潰して左のパンチを振り下ろす。アンジェラのスパイダーガードを外し、鉄槌からパンチを連打したVはスクランブルでも後方からパンチを連打する。

体を入れ替えたアンジェラのワンツー、Vが右を返してダブルレッグへ。腹ばいから立ち上がったアンジェラが胸を合わせたところでタイムアップに。Vの5Rの攻めは絶対。2Rの劣勢と、その他のラウンドと考えるとアンジェラが有利か。果たして──ジャッジの裁定はアンジェラ・リーに3票が集まり、Vの猛反撃は及ばす──チャンピオンが3度目の防衛を果たした。

「シンガポール、どうだった? 戻って来られてアメージング。長い旅の末に戻ってこられて、家族にとってもビッグナイトになった。皆、気付いてしないかもしれないけど、本当にタフな試合でメイは強かった。フェザー級の世界戦の2人も良く戦ったの。でも、ファンの皆はホントに厳しいわね。彼らも本当にタフな試合を戦ったの。プッチに感謝している。家族を愛しているし、弟も絶対にチャンピオンになるから」と、試合前の涙とは対照的にしっかりとコメントを残した。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF