この星の格闘技を追いかける

【UFC 231】試合結果 ホロウェイがオルテガに打ち勝ち王座防衛。女子フライ級王者はシェフチェンコに

UFC231【写真】UFC世界フェザー級王座2度目の防衛に成功したマックス・ホロウェイ(C)Zuffa LLC/Getty Images

8日(土・現地時間)、カナダはオンタリオ州トロントのスコシアバンク・アリーナでUFC 231「Hollway vs Ortega」が開催され、2つの世界戦が行われた。

メインではUFC世界フェザー級王者マックス・ホロウェイが、ブライアン・オルテガの挑戦を受け壮絶な打撃戦に。序盤からボディを交えて攻勢のチャンピオンに対し、オルテガもボクシングで対抗したが徐々にダメージを蓄積していく。結果、4R終了時に大きく左目の周囲を腫らしたオルテガは鼻の骨も追っておりドクターストップに。ホロウェイが王座防衛に成功した。

ShecchenkoセミのUFC世界女子フライ級王座決定戦では、ヴァレンチーナ・シェフチェンコがテイクダウンやグラウンドも交え、トータルファイトでヨアナ・イェンジェチックをリードする。ヨアナも盛り返す場面も見られたが、流れを引き寄せるには至らずシェフチェンコがペルーとキルギスに初めてUFCのベルトを持ち返ることとなった。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=マックス・ホロウェイXブライアン・オルテガ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=マックス・ホロウェイチアゴ・マヘタ


UFC 231「Hollway vs Ortega」
<UFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
○マックス・ホロウェイ(米国)4R5分00秒
TKO
詳細はコチラ
×ブライアン・オルテガ(米国)
<UFC世界女子フライ級王座決定戦/5分5R>
○ヴァレンチーナ・シェフチェンコ(ペルー)5R
判定
詳細はコチラ
×ヨアナ・イェンジェチック(ポーランド)
<ウェルター級/5分3R>
○グンナー・ネルソン(アイスランド)2R4分17秒
RNC
詳細はコチラ
×アレックス・オリヴェイラ(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○ハキーム・ダラドゥ(カナダ)3R
判定
詳細はコチラ
×カイル・ボクニアク(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○チアゴ・マヘタ(ブラジル)2R0分41秒
KO
詳細はコチラ
×ジミ・マヌワ(英国)
<女子ストロー級/5分3R>
○ニナ・アンサロフ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×クラウジア・ガデーリャ(ブラジル)
<ライト級/5分3R>
○ジルベウト・ドゥリーニョ・バーンズ(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×オリヴィエ・オバメルシエ(カナダ)
<女子フライ級/5分3R>
○ジェシカ・アイ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ケイトリン・チューケイギアン(米国)
<ミドル級/5分3R>
○アライアス・セオドロ(カナダ)3R
判定
詳細はコチラ
×アリク・アンダース(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ブラッド・カトーナ(カナダ)3R
判定
×マチュー・ロペス(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ディエゴ・リマ(ブラジル)1R1分37秒
KO
×チャド・ラプリーズ(カナダ)
<ライト級/5分3>
○カーロス・ディエゴ・フェレイラ(ブラジル)2R1分23秒
TKO
×カイル・ネルソン(カナダ)
<ライトヘビー級/5分3>
○アレクサンダル・ラキッチ(オーストリア)1R4分05秒
KO
×デビン・クラーク(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday