この星の格闘技を追いかける

【UFC231】壮絶、ジミ・マヌワとの殴り合いを制したチアゴ・マヘタ。強烈左フックでKO勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
チアゴ・マヘタ(ブラジル)
Def.2R0分41秒by KO
ジミ・マヌワ(英国)

左ミドルを入れたマヘタが、右を当ててダウンを奪う。立ち上がったマヌワは組みつきに行くがマヘタがショートのパンチを連打し、ヒザ蹴りを突き刺し、左ハイを連続で放っていく。離れたマヌワに左を当て、ヒザを入れたマヘタ。マヌワはここも組んで切り抜け、ケージにマヘタを押し込んでいく。離れ際に右を当て、さらに左ジャブを会えたマヌワに対し、マヘタが組みを見せる。

切ったマヌワにハイキック、直後に組んでテイクダウンにマヘタが成功する。マヌワはすぐに立ち上がるとヒザをボディ、ヒジを顔面に入れる。離れてアッパー、さらにヒザをマヌワが決めるとマヘタが逆に組んでリカバリーに努める。左を会って離れたマヘタが、後ろ回し蹴りに続く左フックを打ち込む。マヌワはエルボー、右を打ち返すとふらついたマヘタのジャンピングの後ろ回し蹴りをかわす。ガードを取ったマヘタを担ぎ、バックに回ったマヌワがパンチ、鉄槌を落とし初回が終わった。

2R、左アッパーを当てたマヘタ。マヌワは左ミドルを返し、組んで崩す。エルボーに左を当て、ヒザを蹴り込んだマヘタ左フックから右、さらにパンチを返してきたマヌワに左アッパーに続きフックを打ち抜く。この一撃で、ついに前方に崩れ落ちたマヌワ。マヘタが殴り合いを制し、ファイト・オブ・ザ・ナイト間違いなしの殴り合いで勝利した。

「ダメージを与え、スタンドで戦うことが作戦だった」とマヘタは勝利を振り返った。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie