この星の格闘技を追いかける

【UFC231】健闘──と思いきや、金星挙げたアンサロフ。ガデーリャに判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
ニナ・アンサロフ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
クラウジア・ガデーリャ(ブラジル)

いきなり鋭いワンツーを放って前に出るガデーリャ。アンサロフも打ち返し、右ローを蹴る。左のフックを打ち合った両者、ガデーリャが組みついて右を差し上げてから、後方にテイクダウンする。ハーフで抑えたガデーリャは、アンサロフが足を戻すと立ち上がって思い切り右のパウンドを打ち込む。さらに右エルボーを当てたガデーリャは左エルボーを振り下ろす。アンサロフは焦らず、上方にガデーリャを送りスタンドに戻る。

左ジャブを当てるアンサロフが、サイドキックを顔面に入れる。さらに右アッパーを入れたアンサロフのテイクダウン狙いを切り、左足を取られてもパンチを入れスタンドをキープ。序盤は攻め込まれたアンサロフが、後半を盛り返す形で初回が終わった。

2R、右アッパーで前に出て来たガデーリャに、ワンツーを当てるアンサロフ。テイクダウンを切ると、打撃戦で一歩も引かないアンサロフは粗いパンチを振るうカデーリャにしっかりと右フックを当てていく。ガデーリャもローにワンツーを合わせるが、1R序盤のような勢いは見られない。それでもダブルレッグを決めたガデーリャはハーフでトップをキープした。

最終回開始と同時に組んだガデーリャ。離れたアンサロフは続くダブルレッグも切って、ワンツーを打ち込む。左ジャブを差し合った両者、アンサロフはここでもテイクダウン狙いをスプロールし、ローを蹴っていく。ワンツーからローを入れるアンサロフが、ジャブを続け切れの良い右ローを決める。さらに右リードアッパーを届かせるなど、リズム良く攻めるアンサロフだが、ポイント獲得では逆転はない。

足が前に出なくなったガデーリャは、その前足をローでさらに削られる。残り1分、キックボクシングマッチは完全にリードするアンサロフ。ただし、2つラウンド失った最終回、せめてビッグラウンドとしたい。アッパーを当てたアンサロフ、2Rを取ったという計算かタイムアップと共に両手を挙げて笑顔を見せた。

と、アンサロフの判断は正しく、ジャッジ3者が29-28で彼女を支持しタイトル・コンテンダー越えを果たす金星を挙げた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday