この星の格闘技を追いかける

【UFC231】淡々ファイト。精密機械のようにリズムを崩さないダラドゥが、ボクニアクに判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
ハキーム・ダラドゥ(カナダ)
Def.2-1:30-27.30-27.28-29
カイル・ボクニアク(米国)

やや遠目の距離でロー、ジャブで様子見の両者。ボクニアクはスイッチし、隙を伺う。ダラドゥは前に出てパンチを振るうが、ボクニアクの左ジャブが先にその顔面に届く。ボディを入れ、ショートの連打見せるダラドゥがボディからローを蹴っていく。主導権争いが続き、ダラドゥドのヒザが急所に当たる場面もあったが問題なく試合は続く。残り1分でダブルレッグを完璧に決めたボクニアクは、スクランブルでバックを制し足をかけてグラウンドに持ち込もうとする。ダラドゥが胸をあわせると、ボクニアクが離れ初回が終わった。

2R、初回と同じように相手の見方を伺う展開が続き、ダラドゥのパンチをボクニアクがかわしていく。そのボクニアクが蹴り足をキャッチしてテイクダウンを奪うが、コントロールにはいかず試合はすぐにスタンドへ戻る。近距離でドワードがヒザ蹴り、ボクニアクが直後に右エルボーを顔面に入れる。ボクニアクの右ローに右を合わせて行ったダラドゥ、両者インパクトのある攻撃は見られない。残り1分を切ってからのボクニアクのダブルレッグを切ったダラドゥが、勢いのある右ローを蹴り、左ボディアッパーを打ち込む。ボクニアクがもう一度ダブルレッグを仕掛け、ダラドゥが切ったところでラウンド終了となった。

最終回、「フィニッシュが必要だ」と送り出されたボクニアク。ダラドゥがボディを入れ、スピニングバックキックを繰り出す。右ミドルをキャッチしたボクニアクが、ケージにダラドゥを押し込む。すぐに離れ、ダラドゥがボディ&ヒザを当てる。左フックを打ち合った直後にボクニアクがダブルレッグでテイクダウンを決めると、バックからボクニアクがパンチを続ける。

胸を合わせたダラドゥが離れると、残り半分に。テイクダウンを切れたボクニアクは右エルボーを放つ。残り2分となりダブルレッグでケージまでドライブしたボクニアクだが、ここは自ら離れる。ダラドゥはボディ、続く回転バック拳は空振りに。前蹴りを切れるダラドゥ、腹を効かされたかボクニアクが間合いを取り続ける。

最後の20秒で狙ったダブルレッグを切られたボクニアクは、左フックに続き左の前蹴りをボディに受けて苦悶の表情を浮かべたところで試合終了を迎えた。

結果、ダラドゥがスプリット判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie