この星の格闘技を追いかける

【RFC40】試合結果 ライト級T、下石が一本勝ちも佐々木はKO負け。モンゴル人2人が勝ち残る──波乱

Road FC40【写真】韓国の記者から巨強という印象も聞かれた下石康太、パク・デソンからしっかり一本勝ちを手にした。(C)KAORI SUGAWARA

15日(土・現地時間)、韓国はソウルのチャンチュン体育館で開催されたRoad FC40。今大会よりライト級100万ドル・トーナメント本戦が開幕した。日本から佐々木信治と下石康太が同トーナメントに出場し、アマチュシン・フーヘンフウにKO負け。下石康太はパク・デソンをRNCで破り、2回戦進出を決めた。

フーヘンフウ、下石以外のトーナメント勝者はトム・サントス、ホニ・トーレス、ムングントスズ・ナンディンエルデン、マンスール・ベルナウイ、シャミール・ザフロフ、バオ・インカンの6名。地元韓国は全員が敗退し、ブラジル人2、モンゴル人2、残りは日本、中国、ロシア、フランスが各1人となっている。

まだ第1部に出場した福良力は敗れ、ライカが勝利。今大会の日本人選手の戦績は1勝3敗だった。


ROAD FC40
<Road FC無差別級選手権試合/5分3R+Ex1R>
○マイティー・モー(米国)2R2分17秒
TKO
詳細はコチラ
×カン・ドングク(韓国)
<ライト級T1回戦/5分3R>
○アマチュシン・フーヘンフウ(モンゴル)1R1分22秒
KO
詳細はコチラ
×佐々木信治(日本)
<ライト級T1回戦/5分3R>
○トム・サントス(ブラジル)1R0分07秒
TKO
詳細はコチラ
×ナム・ウィチョル(韓国)
<ライト級T1回戦/5分3R>
○ホニ・トーレス(ブラジル)1R2分19秒
キムラ
詳細はコチラ
×エルヌール・アガエフ(ロシア)
<ライト級T1回戦/5分3R>
○下石康太(日本)2R3分07秒
RNC
詳細はコチラ
×パク・デソン(韓国)
<ライト級T1回戦/5分3R>
○ムングントスズ・ナンディンエルデン(モンゴル)1R3分25秒
TKO
詳細はコチラ
×トニーニョ・フリア(ブラジル)
<ライト級T1回戦/5分3R>
○マンスール・ベルナウイ(フランス)1R4分28秒
RNC
詳細はコチラ
×キム・チャンヒョン(韓国)
<ライト級T1回戦/5分3R>
○シャミール・ザフロフ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×レオ・クンツ(米国)
<ライト級T1回戦/5分3R>
○バオ・インカン(中国)2R3分14秒
TKO
詳細はコチラ
×レイドン・ロメロ(フィリピン)
<ミドル級/5分3R>
○キム・フン(韓国)2R0分38秒
TKO
詳細はコチラ
×福田力(日本)
<女子フライ級/5分2R>
○ライカ(日本)2R
判定
詳細はコチラ
×キム・ヘイン(韓国)
<ライト級Tリザーブマッチ/5分2R>
○パク・へジン(韓国)2R4分59秒
TKO
×イ・ヒョンソク(韓国)
<ライト級Tリザーブマッチ/5分2R>
○アレクサンダー・メレスコ(ロシア)1R4分06秒
RNC
×ジョン・ドゥジェ(韓国)
<ミドル級/5分2R>
○イム・ドンファン(韓国)2R
判定
×キム・ジフン(韓国)
PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie