この星の格闘技を追いかける

【Shooto】試合結果 扇久保が実力証明の初回一本勝ち防衛。高橋遼伍は青井人を激闘の末破る

Shooto【写真】かつてのNKホール大会を彷彿させる修斗オールスター戦は、激闘&好勝負が続いた(C)MMAPLANET

15日(日)に千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターでプロ修斗公式戦のビッグショーが開催された。

プロ修斗世界戦が3試合、環太平洋選手権試合が1試合、さらに現役世界王者のノンタイトル戦に海外プロモーションの王者対決と豪華カードが並んだ同大会。メインで修斗世界フライ級チャンピオンの扇久保博正が、オニボウズをRNCで下し完全防衛に成功している。また2階級の王座決定戦はバンタム級が佐藤将光、ストロー級では猿田洋祐が新チャンピオンの座についた。さらに環太平洋フェザー級選手権試合はチャンピオンの高橋遼伍が20歳の新鋭=青井人との激闘を制し、王座防衛となった。


Shooto
<プロ修斗世界フライ級選手権試合/5分5R>
○扇久保博正(日本)1R4分26秒
RNC
詳細はコチラ
×オニボウズ(日本)
<プロ修斗世界バンタム級王座決定戦/5分5R>
○佐藤将光(日本)

5R
判定
詳細はコチラ
×石橋佳大(日本)
<プロ修斗世界ストロー級王座決定戦/5分5R>
○猿田洋祐(日本)
4R2分37秒
TKO
詳細はコチラ
×澤田龍人(日本)
<プロ修斗環太平洋フェザー級選手権試合/5分3R>
○高橋遼伍(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×青井人(日本)
<フライ級/5分3R>
○ライリー・ドゥトロ(米国)
2R2分13秒
TKO
詳細はコチラ
×中村優作(日本)
<ライト級/5分3R>
○川名雄生(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×小谷直之(日本)
<バンタム級/5分3R>
△魚井フルスイング(日本)3R
Draw
詳細はコチラ
△論田愛空隆(日本)
<ライト級/5分3R>
△鈴木槙吾(日本)3R
Draw
詳細はコチラ
△岡野裕城(日本)
<フライ級/5分3R>
○覇彌斗(日本)3R3分7秒
TKO
詳細はコチラ
×六本木洋(日本)
<バンタム級/5分3R>
○祖根寿麻(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×奇天烈(日本)
<ストロー級/5分2R>
○箕輪ひろば(日本)1R4分36秒
TKO
詳細はコチラ
×ふじい☆ペリー(日本)
<ライト級/5分3R>
○松本光史(日本)2R0分53秒
KO
詳細はコチラ
×大尊伸光(日本)
<女子62キロ契約/5分2R>
○セラ(ニュージーランド)3R
判定
×キム・ヨンギ(韓国)
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie