この星の格闘技を追いかける

【Shooto】川名雄生、かつての兄弟子・小谷直之に勝利して「しっかり次に踏み出せた」

<ライト級/5分3R>
川名雄生(日本)
Def.2-0:29-28.29-29.29-28
小谷直之(日本)

サウスポーの小谷は川名の右の前蹴りをキャッチしてテイクダウンを奪う。すぐさまマウントポジションを奪うとパンチを落としながら、川名の動きに合わせてバック→腕十字を狙う。これを外してパンチを落とす川名。小谷もすぐに下から脇を差して立ち上がる。その流れで組みの攻防になると川名がもろ差しで小谷をケージに押し込む。ここでブレイクとなり試合はスタンドへ。小谷が左ミドルから組みつくと、川名はもろ差しでケージに押し込む。小谷は足をかけてテイクダウンするが、川名はすぐに立ち上がってテイクダウンを奪い返し、トップポジションでラウンドを終えた。

2R、川名が左のパンチ・ヒジで前に出て、そこに小谷がタックルで組みつく。これを切られた小谷は引き込み気味にグラウンドで下のポジションになる。川名が抑え込む時間が続くが、川名が立ち上がって展開を作ろうとする。小谷はそこに蹴り上げを狙うが、川名は足を振ってパスガードを仕掛けていく。

3R、すぐにとびかかっていく川名。小谷はシングルレッグから組みついてテイクダウンを狙い、ヒジを織り交ぜながら川名をケージに押し込む。互いにテイクダウンを仕掛けるが、どちらも倒しきるところまでは至らず。

試合がスタンドに戻ると川名が左フックと右の前蹴り、小谷に蹴り足をキャッチされるが組みの攻防では小谷をケージに押し込む。ここで引き込んで足関節を狙う小谷。川名は距離を作ってパンチを落とす。判定は2-0で川名が勝利し「この勝利は自分にとってデカくて、しっかり次に踏み出せたかなと思います」とかつての兄弟子・小谷超えの心境を語った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie