この星の格闘技を追いかける

【Shooto】高橋遼伍が持ち味見せた青井人に競り勝って環太平洋王座を防衛

<プロ修斗環太平洋フェザー級選手権試合/5分3R>
高橋遼伍(日本)
Def.2-0:30-28.29-29.29-28
青井人(日本)

高橋が得意の右ローを繰り出すと、青井はバックスピンキックを返す。勢いよく右ストレートで前に出ていく青井だが、高橋はしっかり距離を取って右ローを蹴っていく。青井はあびせ蹴りを見せ、そのまま高橋の足にしがみついて足関節へ。一瞬、これが極まりかけるが、高橋も足を抜いて立ち上がる。

試合がスタンドに戻ると、右ストレートを同じタイミングで繰り出す両者。高橋は確実に右ローで青井の前足を削り、青井は高橋の左の蹴りをキャッチしてテイクダウン。高橋の立ち際にヒジを入れる。距離が離れてスタンドに戻ると、青井はボディストレート。高橋は顔面への右ストレートと右ローでプレッシャーをかけ、青井が組みついたところでラウンド終了となる。

2R、離れた間合いからいきなり飛び込んでいく青井。高橋はしっかり距離を取って右ローにつなげる。青井も右のパンチを振ってプレッシャーをかけ、高橋のローをキャッチして引き込み気味にガードポジションを取る。高橋は青井のスイープを踏ん張って立ち上がり、青井は大振りのパンチから組みつく。

組みの攻防ではどちらにもテイクダウンはなく、高橋は右ローと右ストレートで前進。青井はトリッキーに引き込むような動きも見せつつ、左右のストレートから飛びヒザ蹴り。それをキャッチした高橋がテイクダウンしてトップキープする形で2Rを終える。

3R、飛びヒザ蹴りで前に出る青井。高橋はそこに右のパンチを狙う。青井は高橋の右ローをキャッチしてテイクダウンすると、高橋の立ち上がりに身体をまたぐように腕十字を狙う。これを許さなかった高橋は距離を取って、青井を立ち上がらせる。

試合がスタンドに戻ると、すぐに青井は組みついてボディへのヒザ蹴り。そのままケージまで押し込むが、高橋は突き放す。お互いに右ストレートを打ち合い、距離が詰まると青井は前転しながら足関節狙いへ。これをつぶした高橋は立ち上がってパンチを落とす。

青井の勢いとサブミッションに苦しめられた高橋だったが判定勝利で王座防衛。試合後は「自分は32歳くらいまでが強いピークだと思うので、強い自分を見に来てください」とファンに告げた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie