この星の格闘技を追いかける

【Shooto】2度目の対戦も死闘!佐藤将光が石橋佳大を下して世界バンタム級王座に就く

<プロ修斗世界バンタム級王座決定戦/5分5R>
佐藤将光(日本)
Def.3-0:47-45.48-46.49-48
石橋佳大(日本)

今年の環太平洋タイトルマッチで対戦し、大激闘の末に引き分けている両者が世界王座決定戦で再戦。サウスポーの石橋が左ミドルを蹴っていく。佐藤は右ストレートを伸ばし、石橋の蹴り足をキャッチしたところで組みの攻防になる。佐藤は石橋をケージに押し込み、離れ際のヒジを放つ。さらに佐藤は右ヒジ・右ボディストレート、左の顔面前蹴りを突き刺す。

石橋もその蹴り足を取ってテイクダウンを仕掛け、一気に佐藤のバックへ。佐藤もスイッチを狙いつつ、立ち上がることに成功する。そのままケージ際で組みの攻防になると、佐藤はすぐさまヒジ打ち。終了間際、佐藤のバックスピンキックの蹴り終わりに組みついた石橋がバックをうかがいつつ、佐藤をケージまで押し込む。

2R、佐藤が距離を取りながらタイミングよく右ストレートを当てる。石橋も左ストレート・右フックで前に出てシングルレッグで組みついて、テイクダウンを奪う。佐藤もケージに身体を預けて立ち上がり、石橋の左ミドルにカウンターの右ストレート。これでダウンを奪うと一気にパンチを落とす。

佐藤は石橋を立たせてスタンドの攻防を要求し、再び右ストレート。しかしここに石橋がダブルレッグを合わせてテイクダウンを奪い、インサイドガードでトップキープする。佐藤は下からヒジとパンチを返し、石橋は足を一本抜いて後ろ袈裟のような態勢で抑え込む。

3R、石橋が右フックを強振。佐藤も右ストレートを立て続けにヒットさせる。ケージ内を大きく使って距離を取る佐藤。なかなか佐藤を捕まえきれない石橋だったが左ミドルから右フックを振ると、これが佐藤の顔面を直撃。佐藤の足がふらつくと、石橋は再び右フックを叩き込んでダウンを奪う。

インサイドガードで上になった石橋は鉄槌とパンチを打ち込み、佐藤も下からパンチとヒジを返す。最後の最後にスクランブルの攻防となり、3Rは終了となる。

4R開始直後、眉間と鼻から出血する石橋にドクターチェックが入る。佐藤は細かく右を見せて、右ミドルから左フック。今度は佐藤が石橋に組みついて首相撲からヒジを打ち込む。これで石橋は右目じりをカットして流血する。距離が離れると佐藤が再び右ヒジを打ち込んで、崩れ落ちる石橋にパウンドとヒジで襲い掛かる。

何とか立ち上がる石橋だったが、顔面が血で真っ赤に染まりドクターチェックが入る。再開後、佐藤はすぐにパンチとヒジで襲い掛かり、バランスを崩した石橋にパンチを打ち込む。

必死に動き続ける石橋だが、石橋の流血は激しく、右目も腫れてふさがっている。さらにローブローも受けてしまい、試合は中断される。最後は佐藤がサイドキックで石橋をスリップさせ、パンチを落としたところでラウンドは終わる。

5R開始直後にドクターチェックが入り、試合は再開となる。石橋は距離を詰めて右フックを強振、左ミドルを蹴って組みつくとテイクダウンを奪う。石橋はインサイドガードから身体を起こして必死のパウンド。

5R最後の最後まで攻め続ける石橋に対し、佐藤はビッグヒットをさせないようにディフェンスする。まさに両者が死力を尽くした一戦は佐藤に軍配が上がり、佐藤が世界バンタム級王座に就いた。

試合後、佐藤は「前回環太平洋のタイトルマッチでベルトを取れなくて、応援してくれる人たちの悲しい顔を見て、もうあれは絶対に嫌だと思って思いっきり戦いました。順風満帆ではなかったですけど、ベルトまで辿り着きました。僕のために身体を削って協力してくれたみなさん、ありがとうございました」と周囲の感謝の言葉を述べてケージを降りた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie