この星の格闘技を追いかける

【Shooto】覇彌斗、六本木のフロントチョークにヒヤリもマウントヒジでドクターストップを呼び込む

<フライ級/5分3R>
覇彌斗(日本)
Def.3R3分7秒by TKO
六本木洋(日本)

ジャブ・左ミドルを見せながら細かく動く覇彌斗。そのまま組みついてテイクダウンを仕掛けるが、ここで六本木がフロントチョークへ。これに顔をしかめる覇彌斗だったが、トップポジションを伺いならスクランブルの攻防に持ち込んでハーフガードで抑え込む。そこから覇彌斗はマウントポジションへ移行し、ヒジを落としながらリアネイキッドチョークを狙う。細かくポジションをずらしてチョークを防ぐ六本木。覇彌斗がバックキープする形でラウンド終了となった。

2R、ワンツーを伸ばして六本木をケージまで下がらせる覇彌斗。六本木は覇彌斗のタックルにフロントチョークを合わせてテイクダウンを許さない。距離を取った覇彌斗は顔面にパンチをまとめてタックルに入ると、ボディロックから投げでテイクダウンを奪う。すぐさまサイド→マウントポジションを取った覇彌斗は肩固めへ。そこから腕十字を狙うが、六本木が腕を抜いて必死にディフェンス。覇彌斗は六本木のフロントチョークを警戒しつつ肩固めを狙い、常にトップポジションをキープする。

3R、ワンツーから前に出ていく覇彌斗。六本木にフロントチョークを狙わせないようにボディロックで組みつき、テイクダウンからマウントポジションを奪う。ここで覇彌斗がヒジを落とすと、六本木が左目尻から大流血。瞬く間に六本木の顔とマットが血で染まり、ドクターチェックではドクターが即座にストップ。覇彌斗がTKO勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie