この星の格闘技を追いかける

【Shooto】全局面で真っ向勝負の岡野裕城vs鈴木槙吾は三者三様のドロー

<ライト級/5分3R>
鈴木槙吾(日本)
Draw.1-1:30-26.28-29.29-29
岡野裕城(日本)

<後日訂正>
<ライト級/5分3R>
岡野裕城(日本)
Draw.2-0:30-26.29-27.29-29
鈴木槙吾(日本)

リーチで勝る岡野がジャブを伸ばし、そこから右ストレートにつなげる。鈴木も右ストレートを顔面とボディに打ち分けるが、岡野はしっかりとジャブを突いて距離を取る。鈴木が距離を詰めていくと、そこに岡野が右のショートを合わせ、これで鈴木がフラッシュダウン。しかしすぐに鈴木が組みついてテイクダウンし、パンチを落としていく。さらに鈴木はマウントポジションに移行し、一気にパンチを落として優勢を印象付ける。

2Rも岡野がジャブで距離を取り、鈴木が右のパンチで距離を詰めていく。顔面とボディに右ストレートを打ち分ける鈴木。岡野は確実にジャブを当てつつ、左フックの相打ちでダウンを奪う。すぐに立ち上がった鈴木は構わずパンチで前に出て、タックルでテイクダウンを狙うが、岡野は倒れない。岡野は右ストレートで鈴木をぐらつかせ、組みつこうとする鈴木に右ヒジ。これで倒れる鈴木だったが必死に組み付いて、岡野のバックまで回り込んでラウンド終了のブザーを待つ。

3R、鈴木がシングルレッグでテイクダウンを仕掛けつつ、離れ際に右フック。そのまま組みつくと足払いでテイクダウンしてマウントポジションを奪う。首をコントロールしてトップキープする鈴木は、そこからバックチョークへ。正対した岡野は立ち上がる鈴木の後ろにつき、鈴木が正対するとヒジを叩き込む。一旦、距離が離れると鈴木が右ストレートで突進。組んだ岡野がバックを伺いつつ、サバ折りでテイクダウンに成功。インサイドガードでトップキープし、鈴木の立ち際にバックへ。立った状態のままリアネイキッドチョークを狙うが極まらない。最後は両者が正対したところで試合終了となり、判定は三者三様のドローとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie