この星の格闘技を追いかける

【Shooto】組み技・スクランブルの強さを見せた祖根寿麻が奇天烈を下す

<バンタム級/5分3R>
祖根寿麻(日本)
Def.3-0:30-28.29-28.29-28
奇天烈(日本)

祖根はジャブを顔とボディに見せながらインロー。奇天烈の右ミドルをキャッチしてテイクダウンするとハーフガードでトップキープする。祖根はしっかりと上をキープしてヒジを落としつつ肩固めへ。奇天烈もこれを外して立ち上がり、試合は再びスタンドに戻る。ガードを下げた構えで前に出ていく奇天烈に対し、祖根は左右のフック。飛び込む奇天烈に右ストレートを合わせて尻餅をつかせる。

2R、奇天烈はノーガードの構えでプレッシャーをかけてハイキックや飛びヒザ蹴り。構えをスイッチしながら思い切ってパンチで飛び込む。互いに距離を測り手数の少ない時間が長くなるが、奇天烈の右と祖根の右が激しく交錯。終盤は奇天烈がオーソドックスに構えを戻し、プレッシャーをかけていく。細かくフェイントをかけながら奇天烈が右ストレートを打ち込み、祖根も右ストレートを返し、組みの攻防になると祖根がヒジを入れる。

3R、奇天烈が右ミドルと右ストレート、サウスポーからの左ストレートと右フックで飛び込む。祖根は奇天烈の左フックに合わせてシングルレッグに入り、左ボディから右、そして飛びヒザ蹴りへ。そこからスクランブルの攻防になると、最終的に祖根がサイドポジションでトップキープする。

一旦、距離を取ると大きなパウンドで飛び込み、奇天烈の三角絞めを担いでバックへ。奇天烈の立ち際にハイキックを放つ。スタンドの攻防でも祖根は距離を取って右ハイキック、そして右フックから返しの左。このまま試合終了となり、テイクダウン・トップキープ・スクランブルでの強さを見せた祖根が判定勝利した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie