この星の格闘技を追いかける

【UFC182】試合結果 ジョーンズ、宿敵コーミエー破り8度目の防衛。堀口恭司は日本人3人目の快挙

Horiguchi def Gaudinot【写真】デビュー以来5連勝となると、日本人初となる堀口恭司(C)ESTER LIN/WOWOW

3日(土・現地時間)、UFCにとって2015年最初のイベントとなるUFC182「Jones vs Cormier」が、ネヴァダ州ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで開催された。

ナンバーシリーズでメインカードに抜擢された堀口恭司は、持ち前のステップとフットワークでルイス・ゴーディノーに的を絞らせず、要所で打撃を当ててきっちりと判定勝ち。岡見勇信、水垣偉弥に続き、日本人3人目となるUFC4連勝を決めた。セミのライト級注目マッチ=ドナルド・セラーニ対マイルズ・ジュリーの一戦は、初回にオモプラッタからバックマウントを奪われたジュリーが最後までペースを掴めず、フルマークの判定でキャリア16戦目の初黒星。メインではライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズが、宿敵ダニエル・コーミエーとの因縁マッチを判定で制し、8度目の王座防衛に成功している。

同大会の全試合結果は以下の通りだ。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ジョン・ジョーンズvsダニエル・コーミエー
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ポール・フェルダーショーン・ジョーダン

UFC182「Jones vs Cormier」
<UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
○ジョン・ジョーンズ(米国)5R
判定
詳細はコチラ
×ダニエル・コーミエー(米国/2位)
<ライト級/5分3R>
○ドナルド・セラーニ(米国/4位)3R
判定
詳細はコチラ
×マイルズ・ジュリー(米国/8位)
<ミドル級/5分3R>
○ブラッド・タヴァレス(米国/15位)3R
判定
詳細はコチラ
×ネイト・マーコート(米国)
<フライ級/5分3R>
○堀口恭司(日本/11位)3R
判定
詳細はコチラ
×ルイス・ゴーディノー(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ヘクター・ロンバード(豪州/6位)3R
判定
詳細はコチラ
×ジョシュ・バークマン(米国)
<ライト級/5分3R>
○ポール・フェルダー(米国)2R2分09秒
KO
詳細はコチラ
×ダニー・カスティーリョ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○コディー・ガーブラント(米国)3R4分50秒
TKO
詳細はコチラ
×マーカス・ブリメージ(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○ショーン・ジョーダン(米国)1R2分57秒
KO
詳細はコチラ
×ジャレッド・キャノニア(米国)
<ライト級/5分3R>
○エヴァン・ダナム(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ホドリゴ・ダム(ブラジル)
<ウェルター級/5分3R>
○オマリ・アクメドフ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×マッツ・ニルソン(スウェーデン)
<女子138ポンド契約/5分3R>
○マリオン・ルノー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×アレクシス・デュフレーン(米国)
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie