この星の格闘技を追いかける

【UFC182】堀口、スピードとポイント打撃でゴーディノーを封じ込め、UFC4連勝を達成

<フライ級/5分3R>
堀口恭司(日本/11位)
Def.3-0:30-27,30-27,29-28
ルイス・ゴーディノー(米国)

スイッチを駆使する堀口は、いつのもように距離を取って左右に動く。ゴーディノーが左ジャブを見せると、堀口は右ローを入れる。ローを返すゴーディノー。ゴーディノーの前進に左を合わせた堀口は、ローを受けてバランスを崩す。すぐにリズムを取り戻した堀口がプレッシャーを掛ける。前に出てきたゴーディノーに左ミドル、さらに飛び蹴りを見せる。ゴーディノーも前に出てくるが、堀口は右フックを伸ばす。

右ローを受けるシーンが目立つ堀口だが、ダメージはない。と、左から右を堀口が伸ばす。右ローを入れた堀口に対し、ゴーディノーが距離を詰めてショートの連打からローを蹴り込む。意外にも遠い距離でのファイトに長けているゴーディノーは、堀口にペースを握らせないまま戦う。残り1分、堀口は前蹴りを見せ、左ジャブを伸ばす。右ミドルを入れた堀口は間合いを計って、左フック。これは空振りになったが、ケージにゴーディノーを詰めてボディロック。テイクダウンこそ奪え切れなかったが、落ち着いた1Rの戦い振りだった。

2R、ワンツーでゴーディノーの動きを止めた堀口が飛びヒザ。これは決まらなかったが、距離を掴んだか1Rより距離が詰まる。堀口の蹴りが急所に当たり、試合が一時中断。再開後、堀口がワンツーを伸ばす。接近戦で組みついたゴーディノーが、スタンドで肩固め。ジャンピングガードで絞めるも、自ら着地して技を解く。堀口はゴーディノーをケージに押し込み、右を伸ばすが辺りは浅い。

離れた堀口、ゴーディノーが後ろ回し蹴りを見せる。余裕を持ってかわした堀口はフックから左の蹴り。さらに左の突きから左上段回し蹴りを放っていく。ローを蹴らなくなったゴーディノーは、ほとんど効果的な攻撃がなくなる。堀口は右ストレートから連打を見せる。ゴーディノーの突進に左を合わせて、パンチから左ハイを放った堀口が試合を支配する。残り20秒を切り、右中段回し蹴り、蹴り足を掴んでパンチを入れテイクダウンに繋げた堀口が2Rを取った。

最終回、ゴーディノーの右フックで堀口がバランスを崩すが、すぐに立て直しショートを連打する。ゴーディノーの前進をサークリングでかわした堀口が、右ストレートを入れる。さらにワンツーを2度見せた堀口は、左フックで前へ。続いて堀口は右ミドルをヒット。ポイント・ストライキングの巧妙さを見せているので、ダメージを与える打撃が欲しいところだ。初回のように下段蹴りを見せるようになったゴーディノーだが、堀口は構わず距離を詰めてパンチをまとめる。左ミドルから右ストレートをヒットした堀口は、距離が近づいてもゴーディノーをいなす。

残り1分20秒、右ストレートから組んだ堀口は、ギロチンを食わずにケージにゴーディノーを押し込む。両ワキを差したが、ギロチン狙いに離れた堀口は、ゴーディノーのスピニングバックフィストを避ける。バランスを崩し転がったゴーディノー。試合終了と同時に左を放った堀口は勝負を確信したように左手を挙げた。3-0の判定勝ちで堀口は、岡見勇信、水垣偉弥に続き、日本人3人目のオクタゴン4連勝に──なったが、勝利者インタビューはなくカメラはケージサイドのCM・パンクを捉えていた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie