この星の格闘技を追いかける

【UFC182】疲れても攻めるのはアクメドフ。ニルソンの反撃振り切り、2勝目挙げる

<ウェルター級/5分3R>
オマリ・アクメドフ(ロシア)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
マッツ・ニルソン(スウェーデン)

ベガスで実現したロシア人×スウェーデン人対決。フックのワンツーから、パンチを放ちつつテイクダウンを決めたアクメドフ。起き上がってボディから顔面に強烈なパウンドを落す。ハーフからシングルに出たニルソンは右エルボーを空振り。離れたアクメドフは右ローを2発入れ、左フックからフックを連打。さらにアッパーを見せたアクメドフは、右アッパーも決める。下がらないニルソンはボディ、顔面にパンチを受ける。それでもダブルレッグに出ると大きく持ち上げてテイクダウンを決めた。

インサイドで動きが止まったニルソンに対し、アクメドフはスタンドに戻ると逆にダブルレッグでテイクダウンに成功する。グラウンドに拘らず立ち上がったアクメドフだが、やや肩で息をしているか。パンチの切れが落ち、ガードが下がり始めたアクメドフをニルソンはケージに押し込み、2度目のテイクダウンへ。ニルソンが強烈な右パンチを落したところで初回が終了に。ラウンドを取ったのはアクメドフだが、スタミナが心配な終盤の動きだった。

2R、初回に引き続き前に出でるニルソンは、左ミドルを放つ。ケージの前で移動するアクメドフはラフなフックを放つが、ニルソンがブロックし右ストレートを決める。ここでテイクダウンを決めたアクメドフが息を整えようとする。アクメドフはエルボーを間断なく放っていくが、初回のような勢いはない。腕十字を立ち上がって防いだアクメドフに対し、ニルソンも柔術立ちでスタンドへ戻る。

残り2分、ニルソンが右ストレートをヒット。と、ここでもアクメドフはダブルレッグでテイクダウンを決める。ガードから左エルボーを連打したニルソンは、パンチを受けながら起き上がってケージにアクメドフを押し込む。アクメドフがここでもシングルレッグでニルソンを倒し、パウンドに繋げる。アクメドフがテイクダウンで2Rも制した。

最終回、受け身に回ったアクメドフは、ニルソンのテイクダウンを切ってがぶりからヒザを頭に入れる。フックを被弾したニルソンは、左ハイから前に出てプレッシャーを与える。疲れているのは明らかにアクメドフだが、効果的な攻撃を入れるのもアクメドフという展開が続く。ついにアクメドフはテイクダウンを切られると、ニルソンのボディロック&小外掛けで逆にテイクダウを奪われる。残り2分、抑え込めないニルソンだが、立ち上がったアクメドフをすぐに倒して試合は再びグラウンドへ。

ここでもアクメドフが立ち上り、ニルソンはケージに押し込むもついに動きが落ちる。体を入れ替えて離れたアクメドフがテイクダウンに出ると、ニルソンはキムラから引き込む。これを防いだアクメドフだが、ニルソンはさらにギロチンからスイープ→ダースと猛攻を見せ試合はタイムアップに。結果、ジャッジは3者とも29-28でアクメドフを支持しオクタゴン2勝目を挙げた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie