この星の格闘技を追いかける

【UFC182】ダナム、打撃戦でダムを寄せ付けず判定勝ち

<ライト級/5分3R>
エヴァン・ダナム(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ホドリゴ・ダム(ブラジル)

いきなりパンチの交換を見せた両者、サウスポーのダナムが右アッパーから右ストレートを入れる。さらに左ミドルにつなげたダナムに対し、ダムが左に回る。手数で攻勢に出るダナムが、左ストレートを打ち込む。パンチからローを受けるダム、続いて右フックを被弾するなど劣勢に。低いガードのまま距離を詰められるダムは、どうしてもパンチを顔面に受けるシーンが増える。ダムも右を返すが、ダナムは右フックを2発ヒット。サークリングでダナムのパンチを避け切れないダムは、右フックを回りながら受けることが多い。最後もアッパーからショートを放ったダナムのラウンドとなった。

2R、前に出るようになったダムに対し、ダナムは前蹴りを見せる。右ミドルを決めたダム、ダナムはここで初めて組みに行く。ボディロックで回して、打撃の間合いに戻るとダナムは左ストレートをヒットする。ダムの右ミドルをキャッチしたダナムがテイクダウンから、パウンドを落してスタンドへ戻る。左フックから左ストレート、遠距離でも近距離でも間断なくパンチを入れるダナムが、右ハイを繰り出す。前に出ず、回ることもなくなったダムは、打たれながら打つという局面に追い込まれる。そして大きく息をつくなど、局面を打開できないまま最終回を迎えることとなった。

3R、右ストレート&ボディで距離を詰め、右フックを打ち込んで離れるダナム。ダムは左フックを振り回し、逆転を掛けて乱打戦へ。最初の2つのラウンドを取っているダナムは付き合う必要はない。間合いと角度をつけ、ダムの攻撃を見切ってから左ストレートを打ち込む。右エルボーから右フックのコンビネーションを見せたダナム。左フックを被弾したダムは自ら顔面を叩いて、「来い来い」と挑発する。直後に飛びヒザを決めたダム、ダナムも熱くなるシーンも見られたが、ヒジとパンチを駆使して最後まで攻勢を握り、首相撲からヒザ、右アッパーを入れタイムアップに。結果は当然のようにフルマークでダナムの判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie