この星の格闘技を追いかける

【UFC182】初回のオモプラッタ→スイープ、BMが流れを決めセラーニがジュリーを完封

<ライト級/5分3R>
ドナルド・セラーニ(米国/4位)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
マイルズ・ジュリー(米国/8位)

セラーニがローを入れ、前に出る。構えを変えてサークリングを見せるジュリーがまずはテイクダウンを奪う。オモプラッタを仕掛けたセラーニに対し、ジュリーは体を起こして足のフックを外しに掛かる。左足を顔の前に持ってきて、そのまま両ヒザを伸ばしてスイープに成功したセラーニがバックへ。4の字ロックでジュリーを捉えるセラーニ。ジュリーは手首を掴んでディフェンスに徹する。

セラーニは慌てず、時間を掛けてバックマウントをキープする。残り2分を切り、腹這いからセラーニを前方に落そうとするジュリーだが、セラーニは背中に張り付きパンチを入れて背中を伸ばしに掛かる。胸を合わせることができないジュリーが上体を起こすとセラーニは足を組み替えてRNC へ。ジュリーは腕を剥がしてこの危機を乗り切ったが、セラーニはこのままバックマウントをキープ、終了間際に腕十字に移行するという万全の攻めで初回を取った。

2R、ここでもテイクダウンを狙ったジュリー。スプロールしたセラーニは右ストレートを伸ばし、左ローへ。体を揺らし、ローから左ジャブを見せるジュリーだが、セラーニは惑わされない。右ストレートを放つセラーニ。ジュリーのスピニングバックフィストは空振りに。ジュリーの左ロー、セラーニの左ハイが交錯する。スイッチを繰り返すジュリー、セラーニは構わずプレッシャーを与えローから左フックを狙う。

右ローを決めたセラーニは、左右構わずジュリーの前足を蹴っていく。ジュリーも左ミドルを蹴り込み、テイクダウンを仕掛ける。防いだセラーニが左ローから右ローへ。ジュリーも左ローから右フックを被せようとするが、自分の距離で戦えていない。ジュリーの右ストレートにヒザをボディに突き上げたセラーニが、スタンド戦も制して2Rもモノにした。

最終回、ジュリーはワンツーを決める。ローには左ミドルを返すジュリーが、左前蹴り。続くスピニングバックフィストは空振りになり、左ローを蹴り込む。セラーニは動じず、左ロー2発で流れを遮断し、重い右ローを入れる。組みついたジュリーは組みついてドライブ。ケージに右肩をつけたセラーニがテイクダウンを許さない。アンクルピックを防いだセラーニ、ジュリーは自ら距離を取ると右ハイを受ける。動きが止まったジュリーは、必死にケージ際を移動するのが精いっぱいで反撃に移ることができない。

残り2分、セラーニは左ローを2発入れて、ジュリーのテイクダウン狙いを切る。さらにローに続けるセラーニにジュリーは懸命にシングルレッグを仕掛けるも、これは劣勢のなか残り1分で仕掛ける攻撃ではない。潰してエルボーを落したセラーニに対し、ジュリーはとうとう引き込んでしまう。ブレイクを命じられた立ち上がったジュリーは、左ジャブを被弾。ここでもテイクダウンに出るが、打撃で翻弄できていないため倒すことはできない。逆にダブルレッグでテイクダウンを奪ったセラーニは、心が折れたジュリーに思い切りローを8発見舞って勝負を決めた。

結果的に1Rのオモプラッタからバックマウント奪取で、完全に試合の流れを掴んだセラーニの前にジュリーはキャリア16戦目の初黒星。カウボーイが予想外の一方的な展開でジュリーを破り、6連勝を果たした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie