この星の格闘技を追いかける

【HEAT45】ライト級王者サントスに実力者キム・ギョンピョが挑戦!! 赤尾✖春日井はバンタム級王座戦に

Kim Kyung Pyo【写真】トム・サントスに挑むキム・ギョンピョ、HEATらしい楽しみなタイトル戦だ (C)MMAPLANET

1日(土)、HEATのオフィシャルフェイスブック上で7月28日(日)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で開催されるHEAT45で対戦予定だった赤尾セイジと春日井たけしの一戦がバンタム級王座決定戦として組まれることが発表されている。


兄弟弟子対決は当初スペシャルワンマッチで組まれることが明らかとなっていたが、王座決定戦の報と同時に、バンタム級王者キム・ミョンギュの王座返上も発表されベルト賭けて戦うこととなった。

赤尾と春日井の両者にRNCで勝利しているチャンピオンの王座返上理由は、所属ジム=コリアン・トップチームとの契約上の理由となっている。詳細は分かっていないが、剥奪ではないのでHEATとキム・ミョンギュの間で問題があったとは考えにくい。

いずれにせよ、ベルトとは個人の所有物であり、所属ジムのモノではないはず。今回の返上に関しては、さらなる詳細の説明が欲しいところだ。

またバンタム級タイトル戦線の情報に先立って30日(金)には同大会でライト級王者トム・サントスが、キム・ギョンピョの挑戦を受けることもオフィシャルフェイスブックにアップされている。3月大会でオク・レユンを破り、HEATライト級王者となったサントスは4月にパンクラスで久米鷹介の持つライト級KOP王座に挑戦も完敗。仕切り直しの防衛戦をホーム=HEATのケージで迎えることとなった。

そのサントスに挑戦するのは韓国ライト級の実力者キム・ギョンピョだ。ROAD FCで3階級のチャンピオンを輩出した名門MMA STORYの第4の男と称されて久しいキム・ギョンピョは、日本ではウェルター級での参戦ながらGladiatorでレッツ豪太を、修斗ではキャプテン・アフリカに勝利しており修斗継続出場も期待されていた。

そのキム・ギョンピョが本来の階級に戻して、トム・サントスの持つベルトに挑戦する。今やブラジル✖韓国のタイトル戦はHEATの軸にあるカードだが、実力者キム・ギョンピョの挑戦はサントスにとって、非常にタフな再起戦となることは間違いない。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie