この星の格闘技を追いかける

【UFC248】試合結果 歴史に残る殴り合いを制したジャン・ウェイリが世界女子ストロー級王座防衛成功!!

UFC248【写真】「加油、China !!」、ジャン・ウェイリの折れない心を見た世界中のMMAファンは、こう思ったに違いない(C) ZUFFA/UFC

7日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスのTモバイル・アリーナで開催されるUFC248「Adesanya vs Romero」の計量が、6日(金・同)に行われた。

メインのUFC世界ミドル級選手権試合はイスラエル・アデサニャが王座防衛を果たしたが、挑戦者ヨエル・ロメロとともに積極的な動きが見られず、終始ブーイングが起こるという異様な雰囲気のなか25分間続いた。

その会場の空気の要因となったのが、コメインで組まれたUFC世界女子ストロー級選手権試合とその前のベニール・ダリューリュ✖ドラッカー・クローズの2試合で凄まじい打ち合いが見られたからだった。その女子ストロー級タイトル戦では 王者ジャン・ウェイリ、挑戦者ヨアナ・イェンジェチックともにパンチの届くレンジで、目には目を歯には歯をという殴り合いを続け、大きく額を腫らしたヨアナをウェイリが破っている。

コンテンダーシリーズ出身のショーン・オマーリーは、2年振りのMMAでアルベルト・キニョネスをKO。ホドウフォ・ヴィエイラは左目が見えない状況で肩固めを極め、マーク・マセンは圧倒的なテイクダウンの強さを見せながら2R途中から失速もオースチン・ハバートから逃げ切り判定勝ち──柔術とグレコローマンレスリングの世界的強豪が揃ってオクタゴン2勝目を挙げている。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ジャン・ウェイリ✖ヨアナ・イェンジェチック
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ベニール・ダリューシュ、ショーン・オマーリー

UFC248「Adesanya vs Romero」
<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
○イスラエル・アデサニャ(ニュージーランド)5R
判定
詳細はコチラ
×ヨエル・ロメロ(キューバ)
<UFC世界女子ストロー級選手権試合/5分5R>
○ジャン・ウェイリ(中国)5R
判定
詳細はコチラ
×ヨアナ・イェンジェチック(ポーランド)
<ライト級/5分3R>
○ベニール・ダリューシュ(米国)2R1分00秒
KO
詳細はコチラ
×ドラッカ―・クローズ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ニール・マグニー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×リー・ジンリャン(中国)
<ウェルター級/5分3R>
○アレックス・オリヴェイラ(ブラジル)3R
判定
×マックス・グリフィン(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ショーン・オマーリー(米国)1R2分02秒
TKO
詳細はコチラ
×ホセ・キニョネス(メキシコ)
<ライト級/5分3R>
○マーク・マセン(デンマーク)3R
判定
詳細はコチラ
×オースチン・ハバート(米国)
<ミドル級/5分3R>
○ホドウフォ・ヴィエイラ(ブラジル)1R2分58秒
肩固め
詳細はコチラ
×サパルベク・サファロフ(ロシア)
<ミドル級/5分3R>
○ジェラルド・マーシャート(米国)3R2分13秒
RNC
×デロン・ウィン(米国)
<フェザー級/5分3R■>
○ジガ・チカズ(ジョージア)3R
判定
×ジャマル・エマーズ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○バットゲレル・ダナー(モンゴル)1R3分01秒
KO
詳細はコチラ
×グイド・カネッティ(アルゼンチン)


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie