この星の格闘技を追いかける

【Titan FC48】試合結果 ホゼ・トーレスがフライ級王座防衛→UFC契約へ強烈デモンストレーション

Titan FC43【写真】バンタム級に続きフライ級でも王座防衛に成功したトーレスは、6月9日のUFC225=シカゴ大会デビューを猛烈にアピール。実はここまで練られていたのではないかと勘繰ってしまうほど、UFCとの契約がなかったことが不思議だ(C)TITAN FC

16日(金・現地時間)、Titan FC48「Torres vs Orellano」がフロリダ州フォートローダーデールのエクストリーム・アクションパークで開かれ、メインでホゼ・トーレスがタイタンFCフライ級王座防衛に成功した。

Hamed vs Caceras中間距離でジャブ&ストレート、距離がなくなると首相撲&ヒザ、そしてエルボーとアルベルト・オレジャノを軽快に攻めていったトーレスは、左ボディフックから右フックで完璧なKO劇。改めてUFC出場をアピールした。ライト級は王者ハウシュ・マンフィオが王座防衛に成功し、ウェルター級王座決定戦ではホセ・カセレスのミドルでがロミ・ハメッドの急所に入り、何とファールカップが割れるという事態に。

Balart vs Puertaハメッドは試合再開に応じることはできず、ノーコンテストとなり王座は空位のままとなった。

タイトル戦前ではタイタンFC期待のキューバン・ナショナル・グレコローマン・レスラーのグスタボ・バラルトが、豪快にテイクダウンを決めて戦っていたが、3Rにヒザの二段蹴りをモロに被弾し失神KO負けに。ジュアン・プエルタが番狂わせを起こした。


Titan FC48「Torres vs Orellano」
<Titan FCフライ級選手権試合/5分5R>
○ホゼ・トーレス(米国)1R3分52秒
KO
詳細はコチラ
×アルベルト・オレジャノ(コロンビア)
<Titan FCライト級選手権試合/5分5R>
○ハウシュ・マンフィオ(ブラジル)5R
判定
×リー・ヘンリー・リリー(米国)
<Titan FCウェルター王座決定戦/5分5R>
─ロミ・ハメッド(ロシア)1R
NC
詳細はコチラ
─ホセ・カセレス(米国)
<フライ級/5分3R>
○ジュアン・プエルタ(米国)3R2分14秒
KO
×グスタボ・バラルト(キューバ)
<ウェルター級/5分3R>
○ウロシュ・ユリシッチ(スロベニア)3R
判定
×マイケル・コーラ
<バンタム級/5分3R>
○エディル・テリー(ベネズエラ)1R1分05秒
TKO
×アーウィン・リヴェラ(メキシコ)
<ウェルター級/5分3R>
○ラダリウス・ジャクソン(米国)3R
判定
×ルシアーノ・サントス(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○ピぺ・ヴァルガス(コロンビア)1R2分43秒
RNC
×アルベルト・ブラス(キューバ)
<ウェルター級/5分3R>
○コリン・ロバーツ(米国)1R1分28秒
TKO
×ダニー・ドゥルナヴィッチ(米国)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY