この星の格闘技を追いかける

【DEEP79】ランボー宏輔に勝利の和田竜光─02─RIZIN? UFC??「目立つことができるチャンスを下さい!!」

Wada【写真】もう言わずにはいられないというような和田のマイクアピールだった(C)KAORI SUGAWARA

16日(土)、東京都大田区の大田区総合体育館で行われたDEEP79でランボー宏輔に勝利した和田竜光インタビュー後編。


前編でランボー戦における戦いを振り返ってくれた和田は、RIZIN出場をアピールに際し、その相手として伊藤盛一郎と砂辺光久という個人名を口にした。そして、UFCとRIZINのの性格の違いと、それぞれに対して出場する意義を語った。

<和田竜光インタビューPart.01はコチラから>

──対戦相手の映像はしっかりとチェックする方ですか。

「よく分からない外国人選手と戦う時は映像が無い事もありますけど、見過ぎてそれに拘りすぎてしまうので、何回か映像を見て『得意な出し方はこうね』とか、『組む時はいつもこっち側で組むんだ』とか、その辺を見ます。今回、ランボー選手が強引にフロントチョークに入ってきた時も、どっちで組むか知っていたので対応しやすかったです」

──勝利後はRIZINへの出場をアピールしていました。

「UFCがなかなかオファーしてくれないというのもあるんですけど、日本でやっている以上はRIZINに出たいという気持ちはあります。DEEPだったらメンバーも偏ってしまうじゃないですか。『この人、知っている。また、この人?』となってしまうんですけど、RIZINだったら他の団体の選手とも試合が出来ると思います。他の団体のチャンピオンとの試合だったら個人的に面白い。

試合が終わってからマイクでも言ったんですけど、『何でアイツは勝手に生意気なこと言っちゃってんの? RIZINに出ることが決まってるの? じゃあ試合やろうよ!』という感じです。色んな選手がいますけど、今言ったのは伊藤盛一郎君です。

それに砂辺(光久)さんも『RIZINのフライ級で試合します』と言っていたので、ストロー級からフライ級に上げるなら『良いじゃん。お互いチャンピオンだし。試合しようよ』という風には思いますね。実現したら良いなあ。やりたいっスね」

──対戦相手として名乗りを上げたいと。

「そうですね。最近テレビでいっぱい放送しているので、それを見た友達から『どうなの? お前、アイツらに勝てんの?』とよく言われたりするんで、戦ってみたいですね。その為にはRIZINに出ないとダメなんです。だから『俺がやってやるよ! 出して!』と言っているんです」

──今の和田選手にとってRIZINにプライオリティがあるということですか。

「昔はUFCと思っていたんですけど、RIZINの会場に行ったり実際に試合をしてみて、RIZINの盛り上がり方には凄く熱いものがあります。そもそもPRIDEを見て『格闘技は格好良い!』と思って始めたので。佐藤大輔さんに煽られるのも夢の1つだったし、憧れでもあります。なので、その辺は難しいですね。

もちろんUFCがオファーをしてくれて、出られるとなれ出るかもしれないです。日本大会には拘っていないので、チャンスがあればどの大会でも良いです。ただ、なかなかオファーがないし、RIZINが『UFCに行かないでこっちに出ろよ!』と言ってくれれば出ますし。

今のところフライ級含め、全階級で強い選手がいるのはUFCだと思うので、自分がどのくらい出来るのか、気になる。例えばですけど伊藤盛一郎君や(那須川)天心君をやっつけても、自分がどれくらい強いのかは分からないじゃないですか。

UFCだったらハッキリしたランキングもあるし強いヤツが集まっているから、そこでどのくらいのレベルのヤツとどれだけの試合が出来るのか、やってみたいというのはあります。

ただ試合のスパンとか、それこそファイトマネーの話では堀口(恭二)君もRIZINの方がいっぱい試合出来るし稼げるというのもあって、そういうものを捨てて日本に戻ってきた。その辺は何とも言えないですけど、格闘技を自分の仕事にしたいというのはやっぱりあるので難しいですね。

いっぱい試合出来るヤツはUFCでもいっぱい試合しているし、強くても試合してないヤツはしてない。結局はどれだけ必要とされているかという事じゃないですかね。それは日本にいても同じだと思うので、試合をやらせてくれる所で頑張って試合をするという感じですかね」

──UFCだと、コイツと戦ってみたいという選手はいますか。

「ランカーのヤツとどのくらい出来るのか戦ってみたいですね。正直、デメトリウス(・ジョンソン)には勝てる気がしないです(苦笑)。ただ、どのくらいの試合が出来るのか、試しにやってみたいというのはあります」

──では、改めて各方面でも、特定でも良いので一言お願いします。

「去年RIZINに出た時も勝ったし、とりあえず今日勝って怪我もないですし、そろそろ使ってくれないですかね! 良い相手と試合させて下さい! UFCだって人気あるヤツを使いたい。まだ知名度が『ゼロ』なんです。そういう人達を倒して目立つことができるチャンスを下さい!! お願いします!!」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie