この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS01】ダナ・ホワイト火曜の夜・競技者大会。最初の勝ち名乗りはサンチェスが受ける

<フライ級/5分3R>
ジョビー・サンチェス(米国)
Def.3-0
マニー・ヴァスケス(米国)

左ジャブを伸ばすヴァスケス、サンチェスはローを蹴っていく。右ストレートから左フックを当てたサンチェスが蹴りも交えてプレッシャーを掛ける。サンチェスはシングルレッグを仕掛けるが、左腕を差したサンチェスがケージに押し込む。ヴァスケスの首相撲を胸を合わせて潰したサンチェスが離れて、右を入れて前へ。ヴァスケスは逆に右を当ててダウンを奪うと、テイクダウン狙いを切ってサンチェスのバックに回り込む。

両足をフックしたヴァスケスが左のパンチを入れ、右腕は喉下を狙う。防御に徹したサンチェスがここは防ぎきった。

2R、すぐに組み付いたサンチェスがダブルレッグでテイクダウンへ。ヴァスケスはスイッチを試みたが、サイドを取られる。右エルボー、ネックロックでコントロールするサンチェスにヴァスケスはシングルからハーフガード、そしてフルガードに持ち込む。サンチェスが上体を起こしたパンチを狙ったところで立ち上がろうとしたヴァスケスは、ここでバックコントロールを許す。

足をフックせず、腹で抑えつつパンチを落とすサンチェスが両足をフックして、後方からのパンチを続ける。足を一本入れた状態で、バックをキープする。ハーフに戻したヴァスケスはどうにも立ち上がることは許されず、ラウンド終了時もバックコントロールからパンチを落とされている状況だった。

3R開始直後にダブルレッグを仕掛けたヴァスケスは、スクランブルからバックを狙う。サンチェスはケージを蹴って、グラウンドへ移行しトップを取るとクローズドガードを抜けて、ハーフからダースチョークを仕掛ける。サンチェスがバックを狙ったところで、ヴァスケスは立ち上がることに成功する。

サンチェスはケージにヴァスケスを押し込み、ダブルレッグでテイクダウンに成功し、バックコントロールからパンチという展開に持ち込む。大きく振りかぶってパンチを打ち込むサンチェスがそのまま攻め抜いた結果、リングアナのコールもスコアのアナウンスもなく、レフェリーが手を挙げる──シンプルな形でDWTNCS初の勝ち名乗りを受けた。

「1Rは右で倒されてハードだったけど、残りのファイトは支配できた」とバックステージでインタビューに応えたサンチェスだった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie