この星の格闘技を追いかける

【Pancrase302】試合結果 2018年(首都圏)最終戦で手塚裕之、上田将竜、中原由貴が勝利。女子は明暗

Pancrase302【写真】この勝利が2019年のパンクラスの戦い、そして彼ら個人のキャリアアップにどう結びつくか。来年のパンクラスのMMA興行の第一弾は3月になっている(C)Pancrase

9日(日)、東京都台東区の新木場スタジオコーストでPancrase302が開催された。

Rocha vs Suzuki2018年、スタジオコースト大会の掉尾を飾る大会。そのメインでEvolve MMAトライアウト&現地でのトレーニングを経験した手塚裕之が、村山暁洋を判定で破り大晦日、セミで小川徹を見事なハイキックでKOした上田将竜がフライ級王座挑戦──をアピール。

Kawanago14カ月振りの実戦となった中原由貴は、中村晃司を左ストレート2発で倒し、ブラジル人と戦ったライカと鈴木万李弥は前者がテイクダウン重視の戦法で判定勝ちを収め、後者はダウンを奪いながら寝技に持ち込まれパウンドアウト=TKO負けを喫した。

この他5分×3R戦では、福島秀和と野田遼介が一本勝ちし2019年につなげる勝利を挙げた。3分×3R戦では井上学&川那子祐輔の復帰組が揃って勝ち星を手にし、プレリミではパンクラス初陣となった米山千隼がしっかりとRNCでタップを奪っている。


Pancrase302
<ウェルター級/5分3R>
○手塚裕之(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×村山暁洋(日本)
<フライ級/5分3R>
○上田将竜(日本)2R3分51秒
KO
詳細はコチラ
×小川徹(日本)
<女子フライ級/5分3R>
○シッジ・ホッシャ(ブラジル)2R2分38秒
TKO
詳細はコチラ
×鈴木万李弥(日本)
<フェザー級/5分3R>
○中原由貴(日本)1R0分51秒
TKO
詳細はコチラ
×中村晃司(日本)
<女子フライ級/5分3R>
○ライカ(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×エジナ・トラキナス(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○福島秀和(日本)3R0分53秒
RNC
×林太陽(日本)
<ストロー級5分3R>
○野田遼介(日本)2R0分55秒
Tap Out
×高島俊哉(日本)
<フライ級/3分3R>
○井上学(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×杉山廣平(日本)
<ストロー級/3分3R>
○宮澤雄大(日本)3R
判定
×前山哲平(日本)
<フェザー級/3分3R>
○川那子祐輔(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×DARANI DATE(日本)
<フェザー級/3分3R>
○杉山和史(日本)1R2分53秒
TKO
×冨田翔市(日本)
<ストロー級/3分3R>
○リトル(日本)1R1分26秒
TKO
×オ・ヒョプチャン(韓国)
<キック60キロ/3分3R>
○鈴木宙樹(日本)1R2分15秒
KO
×宇野高弘(日本)
<フライ級/3分3R>
○猿飛流(日本)3R
判定
×渡辺竜也(日本)
<フライ級/3分3R>
○赤崎清志朗(日本)3R
判定
×池田一歩(日本)
<バンタム級/3分3R>
○米山千隼(日本)1R1分40秒
RNC
詳細はコチラ
×後藤丈治(日本)
<バンタム級/3分3R>
○高瀬一平(日本)3R
判定
×大谷啓元(日本)
<バンタム級/3分3R>
○工藤修久(日本)2R1分41秒
TKO
×田代悠生(日本)
<フェザー級/3分3R>
○鬼山斑猫(日本)3R
判定
×渡辺謙明(日本)
<フェザー級/3分3R>
○櫻井裕康(日本)3R
判定
×上野惇平(日本)
<キック53キロ契約/3分3R>
○JIRO(日本)3R
判定
×サイモン・シェ(中国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday