この星の格闘技を追いかける

【Pancrase302】実戦復帰の川那子祐輔、DARANI DATEのハイガードに苦戦も3-0で勝利

<フェザー級/3分3R>
川那子祐輔(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
DARANI DATE(日本)

1年2カ月振りにケージに戻ってきた川那子は、ワイドスタンスで右手を前に差し出しDARANI DATEのサイドキックをかわし、右ストレートを打ち込む。同時にダブルレッグを決めた川那子は、手首を掴むDARANI DATEにパウンドを落とす。起き上がった川那子はもう一度ガードの中に入ってパウンドを振るうが、これはクリーンヒットしない。DARANI DATEはハイガードで固め初回が終わった。

2R、DARANI DATEはスピニングバックキックを連続で見せる。川那子は蹴りの着地に合わせて組んでテイクダウン。オーバーフックのDARANI DATEをパスする。足を戻し蹴り上げを見せるDARANI DATEが、ガードに入ってきた川那子に三角絞めをセットアップする。左腕を引っ張るDARANI DATEに対し、左ヒザを臀部に当てて防御する川那子はこのまま三角絞め態勢を取られたままラウンド終了を迎えた。

最終回、DARANI DATEはここでも後ろ回し蹴り。川那子は右を振るって、そのままダブルレッグでテイクダウンに成功する。ガードの中に納まった川那子は掴まれた手首を振り払いパンチを落とす。DARANI DATEはすぐに頭を抱え、スペースを与えない。ここもハイガードで固めるDARANI DATEに川那子が左のパンチを落とす。ガードが空くと、川那子はハーフからマウントを奪取し、しがみつくDARANI DATEに肩パンチを連打したところでタイムアップに。

大きく首を傾げた川那子は、顔をしかめてウィナー・コールを聞いた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie