この星の格闘技を追いかける

【UFN132】憂流迦が見事過ぎるバック奪取から、ラウサをRNCで仕留める

<フライ級/5分3R>
佐々木憂流迦(日本)
Def.2R4分04秒by RNC
ジネル・ラウサ(フィリピン)

4月の試合がなくなった憂流迦が、フィリピンのラウサと代役出場で対戦。タッチグローブ直後にシングルレッグに出た憂流迦は、ダブルに移行してラウサに尻餅をつかせる。立ち上がったラウサをダブルで捉え、ケージ中央側にテイクダウンを取り直した憂流迦は、ラウサの背中をマットにつかせる。ケージ際に移動したラウサだが、腰をコントロールされ立ち上がることができない。

ボディロック&頭で胸を押し付けてコントロールした憂流迦は足を束ねていくが、ラウサが立ち上がる。ラウサはエルボーを2発落としたが、憂流迦はテイクダウンからバックへ。嫌がったラウサの腕を背中越しに回して左手で払いつつ、背中をつかせた憂流迦。ラウサは蹴り上げから立ち上がるも、シングルでまたもテイクダウンを奪う。鉄槌を入れ、サイドからマウントを奪った憂流迦は背中を向けたラウサに腕十字を仕掛けたが、時間となった。

2R、ラウサはタッチグローブに来る憂流迦と距離を取り、テイクダウンを警戒する。ミドルにオーバーハンドを狙ったラウサが、右ローでバランスを崩させる。ダブルを切られた憂流迦は左前蹴り、続いて左ハイを狙う。飛びヒザ、ローシングルに反応したラウサが右フック、右アッパーを強振する。ここでテイクダウンを決めた憂流迦が足を畳んでパス、サイドからニーインベリーへ。

強いポスチャーの憂流迦が、一気にマウントを奪取しエルボーを落とし、左右のパンチを落とす。エルボーとパンチを打ち込み、背中越しにラウサの左手を制してパンチを入れた憂流迦は、ラウサに体を起こさせ見事なバックマウント奪取。すぐにRNCでタップを奪った。

「彼は打撃が上手いから、グラウンドゲームを狙っていた。1R終盤はディフェンスされて、彼が上手くて……。フィニッシュ前のバック奪取は、コーナーマンのアルジャメイン・ステーリングが教えてくれた。セルジオ・ペティス、尊敬しているけど、俺と戦ってくれ」と英語と日本語を交えてインタビューに答えた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY