この星の格闘技を追いかける

【HEAT41】MMA帝国ロシアから襲来、春日井と対戦するカレフォフ のルーツは空道=大道塾だった

Azamat Karefov【写真】MMA帝国ロシアから、HEATへ。瞳が優しく見え逆にヤバい感がプンプンとするアザマット・カレフォフ(C) MMAPLANET

23日(土・祝)に名古屋市港区の愛知県武道館で行われるHEAT41で春日井たけしが、MMA帝国ロシアの刺客アザマット・カレフォフと対戦する。

ACB、M-1、Fight Night Globalなどを経て北米、アジアを舞台に戦うようになったロシア人ファイターがことごとく活躍をしている。

強くて当たり前のロシアン・パワー、8勝0敗の新鋭がHEATフライ級王者、そして日本を代表するフライ級のトップランナー春日井と対戦する。来日直前、カレフォフにインタビューすると、彼の格闘技のオリジンは空道──大道塾という日本がルーツにあることが分かった!!


──カレフォフ選手と格闘技との出会いは何だったのでしょうか。

「クードーだよ」

──空道!! 空手着を着て、ヘッドガードつけ拳サポで戦う? つまり大道塾だったと!!!! また、なぜ空道を始めたのですか。

「僕のチョイスじゃないんだ。家からそう遠くないところにジムがあって、父親に習うように言われたから始めたんだよ。空道の練習を2年してから柔道も始めた。あの頃は空道と柔道、そしてサンボの競技会に出ていたよ」

──ではMMAを始めたのは?

「5年前になる。最初は簡単じゃなかった。でも、直ぐに川を泳ぐ魚のように自然に慣れていった。とにかく、懸命にMMAを習った。このスポーツが大好きになったからね」

──カレフォフ選手の試合映像を見て、印象に残っているのがサンボ流の河津投げです。大内の態勢で反り投げのように大きく後方にテイクダウンする技は、日本のMMAではほとんど見られないです。

「何も難しいことじゃないよ。ジャケットがなくてもサンボの技も柔道の技も、MMA用に使いこなすことはできるようになる。サンボにしても僕はスポーツサンボだけでなく、コンバットサンボでも戦ってきたからね」

──今回が初めて、ロシア以外での試合になります。

「日本で戦えることは本当にハッピーだ。ロシアと日本の大会の違いを肌で感じてみたい。MMAの歴史が最も長い国の一つ、日本で試合ができることは凄く嬉しいよ」

──対戦相手の春日井たけし選手については、どのような印象を持っていますか。

「経験豊富な選手だよ。ただ、全ての局面で僕の方が強い。何より一番大切な精神力の部分で、僕が負けることはないからね。とはいってもMMAを戦ううえで最も大切なのはレスリングとグラウンドゲームだと思っている。対戦相手のカスガイもそこが得意なようだけど、ひたすら練習をしてきた。僕が彼に遅れを取ることはない。

ケージの中でどちらが優秀なのか競い合う。とても楽しみだよ。そしてエキサイティングで見て楽しい試合をHEATで戦うつもりだよ。少しでも早く試合を終わらせる。だから、この試合を楽しみにして欲しい。きっと気に入ってもらえると思うよ」

■ HEAT41対戦カード

<ヘビー級/5分3R>
藤田和之(日本)
イ・サンス(韓国)

<フライ級/5分3R>
春日井たけし(日本)
アザマット・カレフォフ(ロシア)

<キック57キロ契約/3分3R>
ライカ(日本)
鈴木万李弥(日本)

<ヘビー級/5分3R>
HULK(日本)
チョン・ダウン(韓国)

<ミドル級/5分3R>
ANIMAL☆KOJI(日本)
パク・ジョンヨン(韓国)

<キック72キロ契約/3分3R>
TOMO(日本)
ヘナン・マサ(ブラジル)

<フライ級/5分3R>
山本聖悟(日本)
クラウディオ・ルーカス(ブラジル)

<キック57キロ契約/3分3R>
一仁(日本)
ヘンリー・セーハス(ボリビア)

<キック63キロ契約/3分3R>
安川侑己(日本)
増井侑輝(日本)

<NEWAGEキック・ウェルター契約/2分3R>
ヒマラヤン・チーター(ネパール)
ねぎ魔人(日本)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY