この星の格闘技を追いかける

【UF110】尻上がりに調子を上げたストラッサーだが、オットーにスプリット判定で下る

<ウェルター級/5分3R>
ザク・オットー(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ストラッサー起一(日本)

上半身の大きなオットーに右ローを入れるストラッサー。オットーはサウスポーから左ローやミドルを見せる。オーソに構えを変えてワンツーも繰り出すオットーに対し、ストラッサーは間合いを取って戦うが、ショートのワンツーを当てられる。右を入れて前に出たストラッサーの顔面にオットーの左がヒットする。ストラッサーも右を入れて、ローが組みつくも逆にケージに押し込まれる。ヒザを入れたストラッサー、オットーは離れて左ローを蹴っていく。

オットーの右を被弾したストラッサーは右フックを大きく空振りにし、直後にパンチを受ける。ならばとシングルでドライブし、オットーをケージに押し込んだストラッサーはウィザードのオットーのパンチを被弾しながら、テイクダウンを狙う。ケージを利用して倒れないオットーは、離れたストラッサーに左ハイを放ち、ワンツー、ストラッサーは初回を落とした。

2R、右ローをキャッチされ右を受けそうになったストラッサーは右を返し、右ローを蹴る。オットーも左ローを返し、右ジャブ。ストラッサーは右には右を当てる。組んでテイクダウンが欲しいストラッサー、打撃を制して組みに行きたい。と、シングルに出たストラッサーがテイクダウンに成功する。オットーのバタフライガードを潰したストラッサーは、ガードのなかで鉄槌を落とし、オットーのオモプラッタ狙いを防ぐ。

担ぎを狙ったストラッサーは、ここで体が離れてオットーに立ち上がるのを許す。追いかけて組みに行ったところ、逆に下にされたストラッサーはバックを譲り両足をフックされる。腰をずらぜずうつ伏せになったストラッサーだが、仰向けに戻り残り50秒で胸を合わせてトップを奪取する。がぶってスクランブルを許さず、ハーフでトップをキープする。

オットーはバタフライガードからシングルで、ストラッサーのギロチンはすっぽ抜けてガードを強いられる。最後に下になったことで、このラウンドもオットーのモノとなったか。

最終回、「フィニッシュしに行きましょう。5分あるからいけるから」というセコンド、岸本泰昭の声を受けたストラッサーは、開始30秒で見事なダブルレッグを決める。鉄槌を落とし、足を抜きたいストラッサーはオットーの反応に慌て一気にマウントを狙いつつ、ハーフからパンチで削っていく。オットーは足を戻し、クローズドを取り直す。バタフライからハイガードのオットーに対し、担ぎからスクランブルでバックを取りに掛かったストラッサー。引き込んだオットーの立ち上がり際に両足をフックしバックマウントを完成したストラッサーに歓声が挙がる。

残り1分、ストラッサーは人生を賭けた攻撃が必要となる。たすき掛けから、トップに移行し肩固めを狙うような素振りを見せたストラッサーだったが、この動きを逆にスイープされオットーに立ち上がることを許してしまう。最後にギロチンを仕掛けたストラッサーだが、ここでタイムアップに。

ジャッジは分かれ、ストラッサーは1-2で敗れた。持ち味は発揮したが、初回の大切さを再認識させられたストラッサーのスプリット判定負けとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie