この星の格闘技を追いかける

【Pancrase287】最強ハファエル・シウバを相手に防衛戦に臨む石渡伸太郎─01─「基礎から見直してきた」

Shintaro Ishiwtari【写真】黙々と鏡に向けってフォームの確認を行っていた石渡が時折り見せた、御覧の表情。シャドーというよりも打撃の打ち込みのように感じられた一人稽古だった (C)MMAPLANET

28日(日)、東京都台東区ディファ有明で行われPancrase287のメインで、バンタム級KOP王座5度目の防衛戦を最強のチャレンジャー=ハファエル・シウバと戦う石渡伸太郎。

Ameba TV格闘技チャンネルの──格闘家の1日を追うドキュメンタリー番組=ONE DAYの撮影が行われた5月10日、石渡をCAVEに尋ね──今回の試合に関するインタビューを行った。

10カ月振りの実戦復帰が、キャリア最強といっても過言でない強敵が相手になった。そんなハファエル・シウバ戦を前にして見え隠れする、自信と不安。石渡の生き様を表している言葉が聞かれた。


【ただ体が強いだけじゃなくて、技術もある】

──ハファエル・シウバを挑戦者に迎えた王座防衛戦まで3週間を切りました。今の体調の方は如何ですか。

「良い感じです(微笑)。ハファエル・シウバに関しては、最初はどう攻略するのかイメージしづらかったのですが、練習を重ねて来て完全にもう見えています」

──上田将勝選手との試合、ビクター・ヘンリー戦の2試合でシウバの超短所も見える部分があると思います。

Rafael Silva vs Ueda「まず上田さんとの試合を見て……、あの上田さんが全く何もできないのを初めて見たので、戦うとなると手を焼くなって思いました」

──テイクダウンも強いですが、その後の……。

「スクランブルも技術がしっかりとしています。ただ体が強いだけではなくて、仕掛けも色々とありました。でも、そこは見つけていますから(笑)」

──スイープで上田選手から上を取り返し、その柔術的な動きからスクランブルという流れも随所に見せていました。

「あの動きは自分も勉強して、あんな風になりたいなって思わせるほどです。それぐらい凄い技術だと思います。まぁ、でも僕は上田さんとは違うので、違うことをやるから別の景色が見られるだろうけど。シウバは練られていて、やることをしっかりやって、技術もある……そして、あの体ですから、強いですよね」

──上田選手からアドバイスはありましたか。

「ハハハハ、『石渡君だったら、行けると思う』って感じでしたね。全然、アドバイスになっていないし」

【バテるのは間違いない】

──上田選手らしいです。ではビクター・ヘンリー戦からは、どのようなことを思いましたか。

「まずビクターの仕上がりが凄まじいと思いました。体の軸もブレないし。それでも、ああいう試合になった」

──テイクダウンを奪っていった反面、下になると背中をつけるシーンが上田戦より多かったです。

「まぁ、バテるのはバテるのでしょうが……それがいつになるのかが問題になってきます。バテるのは間違いなくバテるので。ただ、中盤以降はバテるなっていう風に安易に考えることはないです。ラウンドのなかでメリハリをつけてくると思っています」

──5R制を考えて、最初にやっておきたいことは?

「それは内緒ですよ。そこに秘策ありですから(笑)」

──石渡選手はこのところ、打撃が当たっても倒せない試合になっているのは確かだと思います。一発で倒せないからコツコツといくのか、それでも思い切り振っていくのか。

「それをすると負けると思います。そもそもパンチで倒してきたのに、ここ4年間ぐらい苦しんでいます。自分が思っているようなリアクションを相手がしない。それを一番感じたのがビクター戦でした。なんで、倒れないんだろうって。

全然怖がっていないなって途中で感じましたし。前は倒せていたはずなんです。それがズレているなっていうのがあって。そこをこの試合がなかった期間、基礎から見直してきました。

このところのデキだったら、ハファエル・シウバは勝てないという相手です。そういう相手を用意されました。『じゃぁ、アイツを倒すにはどうしたら良いのか』ってずっと考えて来て、それに関して今、自分の中に答は持っています。それが正解かどうか、試合当日になって分かります」

<この項、続く>

■ Pancrase287対戦カード

<フェザー級/3分3R>
近藤孝太(日本)
平山学(日本)

<フライ級/3分3R>
廣中克至(日本)
井上皓平(日本)

<バンタム級KOPT/5分5R>
[王者]石渡伸太郎(日本)
[挑戦者]ハファエル・シウバ(ブラジル)

<ストロー級QOPT/5分5R>
朱里(日本)
キンバリー・ノヴァス(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
日冲発(日本)
田中半蔵(日本)

<女子ストロー級/5分3R>
三浦彩佳(日本)
タイアニー・ソウザ(ブラジル)

<フライ級/5分3R>
若松佑弥(日本)
古間木崇宏(日本)

<バンタム級/5分3R>
佐久間健太(日本)
福島秀和(日本)

<ライト級/5分3R>
石川英司(日本)
冨樫健一郎(日本)

<ストロー級/3分3R>
江泉卓哉(日本)
前山哲兵(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
山本雄希(日本)
深谷誠(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
太田裕稀(日本)
ブラック・コンバ(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
堀江圭功(日本)
手塚勇太(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
藤﨑航汰(日本)
小島勝志(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
齋藤拓矢(日本)
鬼山斑猫(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
木村一成(日本)
直斗(日本)

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
髙城光弘(日本)
坂野周平(日本)

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
山本哲也(日本)
萩原一貴(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
赤崎清志朗(日本)
渡辺竜也(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
鈴木千裕(日本)
川端康(日本)

<ネオブラッドTストロー級/3分3R>
高島俊哉(日本)
後藤琢也(日本)

<ネオブラッドTストロー級/3分3R>
御代川敏志(日本)
松村慶(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie