この星の格闘技を追いかける

【UFN107】文字通り左フック一発で勝利したマヌワがLH王座挑戦とボクシングでヘイ戦をアピール

<ライトヘビー級/5分5R>
ジミ・マヌワ(英国/4位)
Def.1R3分05秒by KO
コーリー・アンダーソン(米国/7位)

タッチグローブなしで離れた両者。アンダーソンが足を使ってジャブを繰り出す。マヌワはボディ、テイクダウンの気配に距離を取って左ハイを繰り出す。ヘンダーソンは右ローをキャッチしにいくも取り切れない。パンチを見せてのテイクダウンも切られたアンダーソンだが、動きはマヌワより多い。待ちのマヌワに右を伸ばしたアンダーソンは、ヒザをついてアッパーを狙う。

すぐに起きあがってケージ前を右に移動するアンダーソンに対し、マヌワは左フック。この一発がテンプルを捉え、試合は決した。「ワンショット、ワンKO。DCとランブル・ジョンソンの勝者に挑戦したい。もう一つ、デイヴィッド・ヘイ、やるぞッ!!」とUFC世界ライトヘビー級王座だけでなく、ボクシングで元WBA、WBC、WBO世界クルーザー級王者、WBA世界ヘビー級王者戦をアピールした。


PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie