この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX23】TUF23対決はパントージャがバック制し、スプリット判定勝利

<フライ級/5分3R>
アレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
エリック・シェルトン(米国)

TUF23準決勝敗退同士の対戦。試合開始直後にパントージャ―のヒザ蹴りの着地に合わせてテイクダウンを奪ったシェルトン。パントージャが腹を蹴り上げて立ち上がる。右を伸ばして前進して右ミドル、続いて右前蹴りを繰り出すパントージャに対し、シェルトンは右のオーバーハンドを狙う。パントージャは左ミドル、続いて左を当ててローへ。シェルトンが右アッパーを返す。パントージャの前進にシェルトンがスピニングバックフィストを合わせるも、バックを譲り寝技に持ち込まれる。

ワンフックから胸を合わす動きに呼応し、背中につき両足をフックさせたパントージャが後方から鉄槌を入れる。背中を伸ばしつつ絞めの態勢に入ろうとするパントージャと懸命に耐えるシェルトン。残り45秒で胸を合わせたシェルトンが上を奪い切りパウンドへ。ここでもパントージャがアップキックから立ち上がると、直後にダブルレッグからシェルトンがバックに回ったところで初回が終わった。

2R、シェルトンがまず右アッパーを入れ、パントージャの右足を取ってケージに押し込む。足を刈りつつ、頭を落としてアンクルピックを狙うシェルトン。パントージャも腰を落として耐えて離れる。シェルトンのテイクダウン狙いを切ったパントージャが、カウンターで左フックを打ち込む。間合いを外したシェルトンは、やや息が荒くなっているがパントージャのテイクダウン狙いを切ってバックを許さない。

パントージャはヒザ蹴りをボディに入れギロチン&引き込むが、頭を抜いたシェルトンが立ち上がりシングルへ。一度は切られたがボディロックからダブルを伺う。パントージャはここでもギロチンを合わせるも、頭を抜いたシェルトンがスタンドに戻る。パントージャの立ち上がり際にヒザ蹴りを合わせたシェルトン。パントージャはワンツーを打ちながら組んでバックへ。激しい攻防が見られたが、ここでパントージャが一度、試合を落ち着かせる。

背中が伸びたシェルトンにパンチを入れ、ケージを蹴られてもポジションを譲らずRNCに入ったパントージャは、腕を入れ替えて絞め続ける。前方を落とされそうになりつつも腕十字を仕掛けたパントージャ。終盤、シェルトンは防御一辺倒となりラウンドを失った。

最終回、明らかに肩で息をしているシェルトンは自ら動くことはできず、カウンター狙い。パントージャは慌てず左ジャブから右フックを当てる。続いて左を伸ばしたパントージャが距離を詰めて右ハイキックを放っていく。飛び込んで小外刈りを狙うパントージャ、ここは耐えたシェルトンだが手数は少ないままだ。

ドタバタとした動きになったシェルトンに細かいフックから左をヒットしたパントージャがプレッシャーを掛け続ける。テイクダウン狙いはいなしたシェルトンは、荒い息をしたままワンツーからテイクダウンを仕掛け、最後に右ミドルを蹴っていったものの時すでに落とし。それでもジャッジ1人がシェルトンを師事したが、パントージャがスプリット判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie