この星の格闘技を追いかける

【GRANDSLAM02】打撃を入れてからのダブルで、鈴木が飛猿を判定で下す

Suzuki def Tobizaru【写真】鈴木の打撃を見せてからテイクダウン能力の高さは秀逸だった(C)TAKUMI NAKAMURA

<フライ級/5分3R>
鈴木隼人(日本)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
飛猿☆No.2(日本)

鈴木はローを入れ、左フックを見せてダブルでテイクダウンに成功する。飛猿はケージを背にして立ち上がろうとしたが、ならないとみるとギロチンへ。頭を抜いた鈴木がトップをキープしようとすると、ここでも飛猿がギロチンロックに。そのまま初回が終了した。

2R、右のフェイクを入れる飛猿に対して、鈴木は右ハイからダブルレッグでテイクダウン。クローズドの飛猿にパウンドを落とす。飛猿はスタンドに戻って右ローを入れるが、鈴木は遠い距離からテイクダウンを決める。上体を起こしシングル、組み替えられケージに詰まりながら立ち上がった飛猿が距離を取る。右フックから組んだ鈴木、テイクダウンは防がれたがバックへ。飛猿は前転からトップを取り、鈴木は取りきれない展開を初めて見せた。

最終回、飛猿の右に飛び込んだ鈴木だが、ここも倒しきれない。逆に飛猿がケージに詰める。離れた飛猿を追いかけて足をかけ、右フックを鈴木が放つがこれは空振りに。鈴木は左フックの空振りから、組んで後方でなく横に振ってテイクダウンに成功する。腰をコントロールし引っこ抜こうとする鈴木、頭を押さえて耐えるとギロチンへ。頭を抜いた鈴木がパウンドを狙ったところでタイムアップとなり、判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie