この星の格闘技を追いかける

【DEEP DREAM】形勢逆転を許さず、北田が中島を振り切る

Kitada【写真】中島との激戦を制した北田。対抗戦はDEEPの2勝1敗に(C)GONGKAKUTOGI

<DEEP×パンクラス対抗戦 バンタム級/5分3R>
北田俊亮(日本/DEEP)
Def.3-0
中島太一(日本/パンクラス)

試合開始早々、北田が中島をケージに押し込む。体を入れ替えた中島、ここでブレイクに。中島は右ローを蹴り、構えを変えつつジャブ、右ストレートを伸ばす。中島の左ジャブを掻い潜って北田が組んでケージへ。小外掛けにも中島はケージに寄りかかり、テイクダウンを許さない。ならばと北田がシングルへ出ると、腹を突きだした中島だったが、北田が粘り勝ちし尻餅をつかされる。起き上がった中島に対し、北田は執拗に組んで距離を潰していく。中島は回り込んで間合いを取り直すが、北田は再び金網に押し込んでヒジの連打でラウンドを締め括った。

2R、中島は左ジャブを伸ばすが、北田がワンツーから組んでシングル&大内でテイクダウンを狙う。体を入れ替えた中島がヒザ蹴りを入れ、離れて右ストレートを伸ばす。後ろ回し蹴りは届かなかったが、その勢いで組んでテイクダウンに成功する。北田は腰を切って腕十字、三角へ移行すると胸を張った中島がこれを切り抜ける。

起き上がって胸を合わせた北田は、ここでも離れ際のヒジを見せる。続くケージ際の攻防のなかでもヒジを入れた北田が、終盤にテイクダウンを決めてパウンド。中島の蹴り上げを捌いて、鉄槌からヒジを落した北田が踏みつけまで繋ぎ2Rをしっかりと取った。

最終回、ローから右を伸ばす中島、パンチを受けない北田は頭を振ってダブルで組みつく。ケージに押し込み、右エルボーを入れるなど北田のペースが続く。間合いを潰された展開のなかで、またも尻餅をつかされた中島はバックを譲りながら起き上がる。と、次の瞬間に中島の左ストレートがヒット、ダウンを奪う。倒された形のまま、腕十字に入った北田の顔面を中島は踏みつけ、腕を引抜くと担ぎからバックチョークへ。北田が立ち上るとブルドックチョークに。頭を抜いた北田は胸を合せて、懸命に組んでいく。打撃戦の間合いになっても、北田は鼻血を滴らせながら組みつく。頭を押しのけようとした中島は、小外刈りで転がされる。そのままギロチンに入った北田は、タイムアップまで絞め続けて試合終了を迎えた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN