この星の格闘技を追いかける

ストライクフォース激動の一年はメレンデス防衛で結尾

2011年12月17日(土・現地時間)、サンディエゴのヴァレービューカジノ・センターでは、Strikeforce「Melendez vs Masvidal」が開催された。

今年3月、ズッファがストライクフォースを買収し、ウェルター級王者ニック・ディアズやライトヘビー級王者ダン・ヘンダーソンらがUFCへ戦場を移すなど、激動の年となった2011年最後のイベント、そのメインは同プロモーション・ライト級世界王者ギルバート・メレンデスが、ホルヘ・マスヴィダルの挑戦を受けた。

序盤からパンチをヒットさせて優勢に試合を進める王者に対し、挑戦者も決して大きく崩れることなく打撃を中心に手を返すも、メレンデスは最後まで危なげない試合運びで5Rを戦い抜き、50-45、50-45、49-46の3-0で判定勝利、王座防衛に成功した。

また、セミファイナルでは、日本のHIROKOがストライクフォース初参戦を果たし、女子フェザー級王者クリス・サイボーグに挑戦する一戦に臨んだが、試合は開始16秒、距離を詰めたHIROKOにサイボーグの右が2発ヒット、崩れ落ちたHIROKOが態勢を立て直そうとするも、サイボーグがラッシュを仕掛けてTKO勝ち。その他、ライトヘビー級戦は、ゲガール・ムサシがOSPことオヴァンス・サンプレーを、ライト級戦ではKJ・ヌーンがビリー・エヴァンゲリスタを、それぞれ判定で下している。

Strikeforce世界ライト級選手権試合/5分5R
[王者]
○ギルバート・メレンデス
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[挑戦者]
ホルヘ・マスヴィダル×
(米国)
Strikeforce女子フェザー級選手権試合/5分5R
[王者]
○クリス・サイボーグ
(米国)
1R0分16秒
TKO
詳細はコチラ
[挑戦者]
HIROKO ×
(日本)
ライトヘビー級/5分3R
○ゲガール・ムサシ
(オランダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
オヴァンス・サンプレー×
(ハイチ)
ライト級/5分3R
○KJ・ヌーン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ビリー・エヴァンゲリスタ×
(米国)
ライト級/5分3R
○カルロス・フォドー
(米国)
1R0分13秒
KO
ジャスティン・ウィルコックス×
(米国)
179ポンド・キャッチウェイト戦/5分3R
○ロジャー・ボウリング
(米国)
1R0分42秒
KO
ジェロン・ピープルス×
(米国)
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie