この星の格闘技を追いかける

【CJJW2019】エモンズの足関を防ぎ、スラッピングで攻めたスティールがOTで決勝進出

<CJJW2019ウェルター級準決勝/10分1R>
コディ・スティール(米国)
Def. Over time by RNC
ボビー・エモンズ(米国)

エモンズが引き込むと、足を離したスティールが掌底を打っていく。試合はスタンドに戻し、エモンズはダブルレッグから引き込みバタフライスイープも、スティールは即シングルレッグで上を取り返す。腰を押されて立ち上がったスティール、エモンズも続く。立ちレスからエモンズが引き込むと、スティールは足を引いてレッグロック・アタックを許さない。距離が遠く、自分の攻撃もできないスティールが掌底をボディに入れる。

エモンズはクローズドの中にスティールを入れも、力強い掌底を落とされる。勢いのある掌底を顔面とボディに打ち分けるスティール。エモンズは平手で殴られることに、嫌気がさしたかスタンドに戻る。スティールのダブルレッグにギロチンを合わせたエモンズだが、頭を抜かれ足を一本抜かれる。ハーバタフライからの足関節を絶対にくわないスティールが、ここも掌底を打っていく。徹底して掌底を落とすスティールは、ボディ、太腿、頬と叩けるところに掌底を見舞う。

柔術というよりも、グラウンド・スラッピングと呼ぶべき試合展開になった一戦は、残り90秒でスタンドへ戻る。ダブルレッグを潰されたスティールは引き込むが、エモンズは左腕を差し、左側に回ろうとする。足を入れて防ぐスティールに対し、エモンズはここでハニーホールに。右足首を両手で掴んで組ませなかったスティールは上体を起こして、思い切りエモンズの左頬を張り飛ばす。その直後にタイムアップ、試合はオーバータイムに。

スティールはシートベルトを選び、RNCを狙いへ。秒で極めないと敗北のエモンズもシートベルトから絞めを狙いネックロック気味に極めに掛るが、上を向いてマウントを許しながら時間を掛けたスティールが決勝進出を決めた。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie