この星の格闘技を追いかける

【CJJW2019】ウェルター級GPはオーチャードを下した、スティールが全試合OTを制し優勝……

<CJJW2019ウェルター級T決勝/10分1R>
コディ・スティール(米国)
Def. Over Time by riding time
ネイト・オーチャード(米国)

オーチャードのアームドラッグで姿勢を乱したスティールだが、場外となりマット中央でリスタートとなる。続くアームドラックで、オーチャードは小外掛けもミックスしたがトップは取り切れず。スティールのダブルレッグに引き込んだオーチャードは、四の字フックでクローズドを取る。殴ることで隙ができることを警戒してか、トップのスティールも掌底を出さないまま時間が経過。

と、しっかりと正座状態で右の掌底を落としたスティールが、足をすくいに来たオーチャードの顔面を連打する。オーチャードはクローズドを組み替え、足関節を狙う。そのままスイープとなり上を取ったオーチャードだが、スティールはシングルでトップを取り直す。下になったオーチャードのラバーを防いたスティールが立ち上がり、残り半分で試合はスタンドへ。

引き込んだオーチャードの顔面に掌底を連打したスティールは、リストを取られてもワキを締めてアームロックを許さない。スティールの強いポスチャーに対し、残り3分でようやくラバーガードに持ち込んだオーチャードはミッションコントロールで固め、スティールに掌底を出せない状況を創る。スティールもじっと動かず、オーチャードがインヴィジブル・カラーに移行しようとしたタイミングに合わせ、肩を抜いて立ち上がった。

残り2分で試合は立ちレスの展開となり、1分以上スタンドの状態が続く。一旦、引き込んだオーチャードだが、すぐに立ち上がる。残り5秒でオーチャードがアームドラッグも、足を跳ね上げたスティールがトップに。立ち上がろうとしたオーチャードに思い切り掌底を入れたところでタイムアップとなった。

オーバータイム。まずスティールがシートベルトからトラックポジションを狙ったオーチャードからエスケープに成功する。オーチャードもシートベルトで絞めは許さないが、エスケープまで時間が掛かってしまった。

27秒のリードを許したオーチャードは、次もシートベルトを選択するが15秒でスティールがエスケープする。こうなると極めよりも、ホールドに徹したスティールはリード時間を稼ぎ3本目へ。互いに極めることはできなかったが、ライディング・タイムを83秒としたスティールが──全試合、オーバータイムを制して優勝を決めた。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie