この星の格闘技を追いかける

【Shooto】松本光史、星野大介に判定勝利も試合後に笑顔はなし

<ライト級/5分3R>
松本光史(日本)
Def.3-0:30-27.30-28.29-28
星野大介(日本)

松本はサウスポーの星野の前足に左右のローを集めて前に出る。星野もそこに右フックを合わせ、一瞬、松本がバランスを崩す。すぐに立ち上がった松本はインローを蹴って、じりじりと前に出て右ボディ、右ミドルにつなげる。星野は右のジャブ・顔面前蹴りから左ストレートを伸ばす。松本が前に出てインローとミドル、星野が下がりながら顔面前蹴りを見せるという展開が続き、松本が右ストレートからダブルレッグへ。星野はそれを切りながら、ヒザ蹴りを突き上げる。

2R、松本は一気に距離を詰めて右ストレートと右フック。これを当てると、そのまま組み付いてテイクダウンを奪う。ハーフガードで上になった松本はしっかり星野の上体を寝かせてトップキープ。星野も松本の身体を蹴り離して立ち上がるが、すぐに組み付いた松本が星野をケージまで押し込み、テイクダウンを狙いつつ、星野のバックを狙う。終盤、星野のバックについた松本はパンチを落としながらリアネイキッドチョークを仕掛ける。

3R、前に出る松本に対して、星野は左アッパーと右フック。松本は右ミドル・右ハイキックを蹴って、パンチのプレッシャーをかけて右フックを打ち込む。星野も起死回生の左ハイキックを狙うが、逆に松本がテイクダウンを奪ってトップキープする。ハーフガードで上になる松本。星野はブリッジを効かせて脱出すると、松本の立ち際にハイキックを蹴る。松本は下がる星野をジャブで追いかけて、星野も返しの左フック。スタンドの攻防で試合終了となった。

判定3-0で松本が勝利を収めたものの「今回は難しい試合で自分を上げられなかったです。もっとファンが納得していただけるカードを組んでいただければと思います」と試合後に笑顔はなかった。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie