この星の格闘技を追いかける

【Shooto】齋藤曜、ケージレスリング&ギロチンで現役世界王者・佐藤将光を完封

<バンタム級/5分3R>
齋藤曜(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
佐藤将光(日本)

互いに距離を取ってフェイントを入れる展開から、佐藤が右ストレートで前に出る。ここで組みの攻防なると齋藤は一旦自ら引き込み、佐藤の片足をとって立ち上がり、そのままケージへ。ケージから佐藤を引き出すようにしてテイクダウンする。佐藤はケージに背中を預けて立ち上がるが、斎藤がすぐさまテイクダウン。斎藤は佐藤の両足を自分の足で挟み、身体を起こす佐藤の顔面にパンチを細かく入れる。

2R、佐藤が左ミドルから右ストレートで前に出る。齋藤も右ヒジで迎え撃ち、1R同様にやや引き込み気味に下になりながらも、すぐに身体を起こして佐藤をケージまで押し込む。ケージを使って立ち上がろうとする佐藤だが、齋藤は佐藤の頭をケージに内側に向けさせてインサイドガードでトップキープする。

ケージに背中を預けて立ち上がろうとする佐藤だが、その度に齋藤は佐藤の足を引き抜いて倒し続ける。ラウンド終盤、佐藤もシングルレッグでテイクダウンを試みるが、ここで齋藤が得意のギロチンへ。佐藤の首をコントロールし、トップポジションをキープし続ける。

3R、佐藤はじりじりとプレッシャーをかけて前進。齋藤が右ストレート・左フックを見せると、すぐに右ストレートを返して左右のフックで前に出る。プレッシャーこそかけるものの手数が少ない佐藤。逆に齋藤が佐藤のパンチにダブルレッグを合わせ、佐藤をケージに押し込む。

1・2R同様にケージレスリングの攻防となり、常に先手を取り続ける齋藤。残り1分でギロチンチョークを仕掛け、首を極めつつトップポジションをキープ。ケージレスリング&ギロチンのコンボで抜群の強さを見せた齋藤がノンタイトル戦で現役世界王者の佐藤を下す金星を挙げた。試合後、齋藤は「一本取りに行ったんですけど佐藤選手のプレッシャーが強くて勇気が出なくて抑え込みに行っちゃいました。次は面白い試合が出来るように頑張ります」と控え目に語ってケージを後にした。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie