この星の格闘技を追いかける

【Shooto】2階級制覇を狙うストロー級王者・猿田洋祐がフライ級で清水清隆に競り勝つ

<フライ級/5分3R>
猿田洋祐(日本)
Def.3-0:30-28.29-28.29-28
清水清隆(日本)

清水が距離を取りながら右ローを飛ばす。猿田はそのローをキャッチしながら右ストレートを打ち、そのまま清水をケージに押し込む。背中を見せてスタンドをキープする清水に対し、猿田はリフトするようなテイクダウン。清水も立ち上がり、猿田の手のクラッチをはがしながら正対する。猿田もすぐにダブルレッグで清水の身体を引っこ抜いてテイクダウンする。ケージに背中を預けて立ち上がる清水は、ダブルレッグで押し込む猿田の側頭部に肘を落とす。猿田もしつこくテイクダウンを仕掛け、再び清水の背中をマットにつけることに成功する。清水が下から顔面蹴り上げを狙いつつ立ち上がると、猿田はすぐにダブルレッグに入って清水の後ろにつく。猿田が組みの攻防で先にアクションを起こし、清水がそれを切り返すという展開が続く1Rとなった。

2R開始直後に猿田がダブルレッグで清水をケージに押し込む。ここも清水は背中を見せてスタンドをキープして、細かくヒジ打ちを入れる。試合がスタンドの攻防になると、清水は距離を取りながら右ロー・右ミドル。猿田も右フックを返して、清水のローにダブルレッグを合わせる。蹴り足を取られた清水はケージに身体を預けて半身になり、ヒジ打ちを入れながら立ち上がる。猿田が両手をクラッチして清水の身体を引っこ抜こうとするが、清水もそれをはがして脱出。距離を取ってスタンドの攻防に戻すも、すぐさま猿田がダブルレッグでテイクダウンし、結果的に猿田がトップキープして2Rを終える。

3R、左で距離を取る清水が飛び込むような右ストレート。猿田がシングルレッグで組み付こうとしても、反応よく足を抜いて組み付かせない。右だけでなく飛び込みながらの左も当てる清水。顔を腫らして鼻血も見える猿田だが、必死のダブルレッグで清水をケージまで押し込む。しかしここでも清水はテイクダウンを許さず、試合はスタンドの攻防に戻る。鋭い出入りで右を当てる清水。猿田も必死に右フックを返して、パンチ&ダブルレッグで前に出る。最後は猿田が清水をケージに押し込み、後ろについたところで試合終了。ストロー級王座を保持したまま、フライ級での王座戴冠も狙う猿田が清水から勝利をもぎ取った。

試合後、この日の第2試合に勝利してストロー級王座挑戦権を得た村田がケージに登場。5月13日(日)カルッツ川崎大会で王者・猿田vs挑戦者・村田による世界ストロー級チャンピオンシップを行うことがアナウンスされ、両者は「こんな強いチャンピオンとやらせてもらえるのはとても光栄です。僕もベルトが欲しくなってきたんで、強いチャンピオンに勝てるように頑張ります」(村田)、「相手は強いチャレンジャーです。しっかり仕上げて、次は必ずフィニッシュします」(猿田)と意気込みを語った。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie